RYO
    こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

     

     

    今回は、Gearbestさんからサンプル提供頂いたスマートウォッチ・AMAZFIT Verge Liteを徹底的にレビューします!

     

    AMAZFIT Verge Liteは、中国家電メーカーXiaomiの子会社Huami社のAmazfitブランドのスマートウォッチです。

    提供品でもいつもと変わらず、良いところはもちろん、悪いところもしっかりご紹介するのでご安心ください

     

    スマートウォッチって便利そうで気になってはいたけど、

    ・特にApple Watchは金額高い(4万円以上)

    ・その割には毎日充電が必要って聞くし、面倒くさそう、、

    と購入に踏み切れていませんでした。

     

    でも今回、AMAZFIT Verge Liteを1カ月ほど使ってみたところ、、、

     

    RYO
    約20日間充電不要で普通の時計とほぼ変わらない…

     

    RYO
    だから、普通の時計にいろんな機能がたくさん詰まった感じでかなり便利!

     

    ということで、このスマートウォッチの良さをお伝えしたく、記事にすることにしました。

     

    スマートウォッチって、、、

    • そもそも必要?
    • 電池もすぐ切れて充電大変なんでしょ?
    • 値段高いんでしょ?

    と気になっている方には是非この記事を読んでほしいです。

     

    パッケージから付属品、動作感や使用感など、50枚以上の圧倒的な写真数や動画でこのAMAZFIT Verge Liteを紹介していきます。

     

    ↓↓↓今すぐこのスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

     

     

    タップできる目次

     

    スポンサーリンク

    スマートウォッチは電池長持ちのAMAZFIT Verge Liteがおすすめ。使用感や機能性の徹底レビュー【Xiaomi・シャオミ / Huami】※動画あり

    そもそもXiaomi(シャオミ)、Huami、AMAZFITとは?

    初めてのメーカー名やブランド名がたくさん出てきてわからん!!

    という方に向けて、簡単に箇条書きでご説明します!

     

    ①Xiaomi(シャオミ)とは

    中国の大手電子デバイスメーカー

    リーズナブルな価格と優れたデザイン力で中国スマホ市場での勢力を急速に伸ばし、現在はIoT家電やスーツケースなど様々な商品ジャンルに製品を展開している会社です。

    最近、世界初の1億800万画素カメラを備えた「Mi Note 10 Pro」の投入で2019年12月に日本市場への参入を発表しましたね。

     

    ②Huamiとは

    そのXiaomiが出資しているのがHuamiという会社がある。

     

    ③AMAZFITとは

    そしてそのHuamiが作ったウェアラブルデバイスブランドが、AMAZFITです。

    スマートウォッチでAMAZFIT Vergeを冠したモデルは、AMAZFITブランドの中では上から2番目のミドルハイクラスモデル。

     

    AMAZFIT Verge Liteとは

    そして、このスマートウォッチ・AMAZFIT Verge Liteは、Liteの名のごとく、AMAZFIT Vergeの簡略版です。

     

    ※参考 AMAZFIT Vergeはこちら

     

    AMAZFIT Verge

    • Wi-Fi接続
    • NFC機能
    • GPS機能
    • ジャイロや気圧など一部センサー
    • オーディオ機能(スピーカーやマイク)
    • AIボイスアシスタント機能

    (ライトユーザーにはほとんど不要な機能)

     

    という機能性をあえてなくして、

     

    • スマートウォッチとして外せない機能に厳選
    • リーズナブルな価格
    • 長期間の電池持ちに重きを置いた

     

    のが、AMAZFIT Verge Liteです。

     

    スマートウォッチの必須機能を備えつつ、電池持ちが良いという高コスパ仕様は、個人的にはフィットしました。

     

    というわけで、このAMAZFIT Verge Lite

    • 毎日充電はやだ!バッテリーは長持ちが一番!
    • 健康管理のために睡眠時や運動時の心拍数/距離などの記録をしたい!
    • 屋外でも視認性の高い画面がいい!
    • コスパ重視!(1万円程度)

    という人にぴったりのスマートウォッチです。

     

    次からはパッケージ、付属物、機能性や使用感など使ってみた感想を交えて徹底レビューしていきます!

     

    高級感のあるパッケージと付属品

    まずはパッケージ。パッケージも大事ですよね。

    シックでマットな質感で高級感があります。プレゼントとしてもらっても喜ばれること間違いなし。

     

    このAMAZFIT Verge Liteの特長がまとめられています。

     

    ・AMOLED COLOR DISPLAY

    ・MULTISPORT TRACKING

    ・NOTIFICATIONS

    ・GPS+GLONASS

    ・HEART RATE

    ・LONG LASTING BATTERY

    というのが、AMAZFIT Verge Liteの主な特長ですね。

    個人的なおすすめポイントを後から徹底レンズします。

     

     

     

     

    そして、外箱から出すとさらに白い中箱。AMAZFITのロゴが入っています。

     

    付属品は、AMAZFIT Verge Lite本体、充電器、マニュアルのみで潔いです。

    マニュアルは日本語対応してるので安心ですね。

    付属品
    ・充電器(USB)
    ・説明書(日本語対応)

     

     

    右側にホームボタンが付いています。

     

    無駄を削いだ、潔いシンプルなフォルムがカッコイイ。

     

    つけてみた感じはこんなイメージです。

     

    ある程度充電はされているようですが、まず充電してみました。

    スマートウォッチ背面に端子があるので、それに合わせて充電器と合体させて充電します。

     

    ちなみに、充電時間は公式では2.5時間となっています。

    でも実際使ってみたところ、10%くらいの時に充電開始→完了したのはなんと1時間後でした!

    早い分にはうれしい限りですね。(しかもノートパソコンからの給電でした)

     

    説明書の記載に沿ってQRでスマホと連動し、Mi Fit Appをインストールしました。

    グローバルモデルだから説明書は日本語対応ページがあってよかったです。

     

    ちゃんと安全上の注意も記載されています。

    防水防塵保護等級が最高水準のIP68はかなり魅力ですね。

    シャワー、サウナ、水泳の仕様はサポートしていないとのことですが、実際はシャワーやお風呂につけたまま入っても大丈夫そうです。

    (あくまで私の例なので自己責任でお願いします)

     

    次からはおすすめポイントやデメリットなどを順にご紹介します!

     

    【おすすめ ①】約20日間の長持ちバッテリー

     

    スマートウォッチの最大のデメリットは、バッテリーの持ちの問題。

    Apple Watchのようにほぼ毎日充電しないといけないスマートウォッチだと、

     

    RYO
    そもそもスマホの充電もあるのに、さらにスマートウォッチの充電もか、、、

     

    と、自分のデバイスが増えれば増えるほどそれらの充電に日々気を取られてしまいます。数日の旅行先や出張先で安心して使えないのも不便ですね。

    その数日のために持ち運ぶ充電器も増えるのも嫌ですよね、、、、

     

    しかし、AMAZFIT Verge Liteは、

    ・低消費電力センサー

    ・最適化アルゴリズム

    のおかげで、約20日間バッテリー持ちを実現!

    これはスマートウォッチの中ではかなり長寿命の部類に入ります。

    日本のソニーの部品がバッテリーの長寿化に貢献してるみたいですよ!

     

    私の使い方としては、健康管理のために24時間ずっとスマートウォッチ付けています。

    常に

    ・心拍数計測

    ・歩数計測

    ・毎日の自転車通勤でスピードや距離、消費カロリーなどを計測

    しています。

     

    そんながっつり使用した場合でも、1日5%の電力消費でした。

    単純計算でも実際に使った結果でも、まさに20日間バッテリーが持つといった感じですね。

     

    ↓↓↓このスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

     

     

     

    【おすすめ ②】視認性の高い有機ELディスプレイで屋外でも鮮明に見える

    AMAZFIT Verge Liteには、

    ・1.3インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイ

    が使用されています!

    かなり鮮やかな発色で本当に見やすいスマートウォッチです。

     

    お昼の日の照ってる明るい屋外でも、細かい文字や針までしっかり見えるので、ストレスなく普通の時計のように使えるっていうのが魅力です。

     

    【おすすめ ③】文字盤デザインが変えられる

     

    公式アプリにたくさんの文字盤デザインが入っています!

    好みや気分に合わせて、アナログ時計、デジタル時計など文字盤デザインを簡単に変えられます。

     

    ここからは個人的な好みですが、初期設定の文字盤デザインでは満足できなかったので、別のアプリを使って文字盤デザインをカスタムしてみました!

    下記のアプリならさらに多くのデザインから選べて、簡単に設定できます。

     

    Notify&fitness for amazfit

     

    ちなみに下の写真のデジタル時計のデザインもこのアプリから選んだ文字盤デザインです。

     

     

    【おすすめ ④】防水防塵保護等級が最高水準のIP68

    なんと、防水防塵保護等級が最高水準のIP68なんです!

     

    これはかなりの安心感があります。

    説明書ではシャワーや水泳は対応してないみたいですが、実際はお風呂やシャワーで使っても大丈夫な防水水準です。

     

    【おすすめ ⑤】アプリ連動でいろんなことができる!

    心拍数の計測

     

    AMAZFIT Verge Liteは、

    ・専門的なアルゴリズム

    ・高精度な光学センサー

    を備えているため、1日中自動で心拍数の検出ができます!

     

    しかも、心拍数警告もしてくれます。

    設定した警告値を超える心拍数を検出すると、時計が振動して知らせてくれるのも助かりますね。

     

    冒頭の写真の通り、スマートウォッチの画面でも数値やグラフが見れます。

    しかも、下のスクショのようにスマホのアプリなら日本語表記でより細かく確認できるのもうれしいですね。

     

     

    ↓↓↓このスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

     

     

     

    歩数の計測

    AMAZFIT Verge Liteは、歩数計としても使えます。

    歩数の計測はもちろん、

    ・距離

    ・時間

    ・消費カロリー

    など事細かに知らせてくれます。

     

    ご丁寧に、脂肪の燃焼量やガソリンの量がこれだけ節約できたよ~ってことまで計算してくれる優れものです(笑)

     

    睡眠時間の計測

    この機能が毎日寝不足の私にとって、かなり役立ってます。
    ・入眠から起床までの時間
    ・深い眠りと浅い眠りの時間
    までしっかりと測定。そしてスコア付けもしてくれます。

    しかも、毎日睡眠計測していると、過去7日間の平均睡眠データと比較して、

    ・入眠や起床のタイミングが早いのか遅いのか

    ・合計睡眠時間や深い眠りの時間が増えたのか減ったのか

    など事細かに分析してくれます。

    さらに、類似ユーザーとの比較もしてくれるので、大多数の人より
    ・寝るの遅いんだ、、、
    ・深い眠りが少ないんだ、、、、
    と痛感させられます(笑)
    『18%の人よりも早く寝ています』って前向きな感じだけど、
    実は
    『82%の人よりも遅く寝ています』ってことですよね!
    健康のために早く寝ないと!
    本当に残業やブログ書いてる場合じゃない(笑)
    AMAZFIT Verge Liteは、時計のバンドが柔らかいシリコン製。
    そして軽くて丸いので、毎日24時間つけていても全然気になりません。
    これがApple Watchのような金属製のスマートウォッチだと寝てる時もつけられないですよね、、、(硬さ的にも、そもそも電池の持ち的にも)
    20日間電池が持つAMAZFIT Verge Liteだからこそ、毎日つけて睡眠時間を計測して寝られるんだと実感しています。
    さらに朝のアラームもスマートウォッチでやってます。
    スマホの大音量で起きるよりも、腕がスマートウォッチの振動で起こされた方がびっくりして起きやすいし、アラーム音がうるさくなくて毎日快適ですよ。

     

    スポーツモードで運動中の心拍数や移動距離/軌跡、速度、消費カロリーの計測

     

    AMAZFIT Verge Liteは、

    運動の内容に合わせた7つのスポーツモードを選んで、

    7つのスポーツモードを選択できます。

    私は自転車通勤の時にOutdoor cyclingを使ってます。

    ※7つのスポーツモード:

    アウトドアランニング、トレッドミル、ウォーキング、アウトドア、インドアサイクリング、エリプティカルトレーナー、エクササイズ

     

    運動中の

    ・心拍数

    ・移動距離や軌跡

    ・速度

    ・消費カロリー

    といったリアルタイムデータを計測してくれます。

     

    GOボタンでスタート!

    終わったら距離や軌跡がわかります。

    過去のアクティビティが確認できます。

     

     

    最大速度や心拍数、消費カロリーが見れます。

    運動中の心拍数の推移も!

    サイクリングのスピードも出ます。最大36㎞もでてました(笑)

     

    毎日の自転車通勤で、どのくらいの距離をどのくらいのスピードで、しかもカロリー消費がどのくらいだろう?ってのがこれ一つで解決します!

     

    実際にリアルな数字で出てくると、たかが自転車通勤でも、

    『明日はもっと時間短縮しよう!』

    『もっとスピード出せるかな?』

    などゲーム要素が生まれて、自転車通勤がより楽しくなりました(笑)

     

    しかも、スマホのアプリ画面では、アクティビティ単位でもっと詳しく見れるのでかなりおすすめです。

     

     

    ↓↓↓このスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

     

     

     

    ↓↓毎日の通勤で使っている自転車についての記事はこちら↓↓

     

    スマホの通知がわかる 電話着信、メール、アプリ通知

    AMAZFIT Verge Liteの画面で、

    ・メール

    ・メッセージ

    ・その他のスマートフォンアプリ

    の通知を直接受け取って確認することができます。

     

    スタンプや画像の内容は見れませんが、LINEやメールが日本語で読めるのがうれしいですね。

     

    スマホをサイレントにして、スマートウォッチを振動にしておけば、仕事中もスマホを見ることなく、スマートウォッチで通知を確認できるのが、想定外に便利でした!

     

    仕事中にスマホがたくさんなるのって、周りもちょっと気になると思うので、その辺の気を使うことがなくなり、結構楽になったのでおすすめです。

     

     

    音楽の再生、停止、音量操作ができる

     

    AMAZFIT Verge LiteとスマホをBluetooth接続している状態で、スマホで音楽やYouTubeを聞いていれば、スマートウォッチ側で再生、停止、音量調整ができます。

    特に自転車通勤の時には、いちいちスマホを取り出して操作しなくて済み、手元で操作できるのはかなり便利でした!

     

    天気がわかる

    ・当日の天気
    ・日の出、日の入り時間
    ・週間天気
    もさくっと確認できます。
    意外と天気って、ふと気になることが多いですよね。
    そんな時にもいちいちスマホを出さなくてもいいので、想定外に便利でした!

    ↓↓↓このスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

    おすすめ ⑥】その他便利な機能

    これは普通の時計にもある機能だと思うので、ざっと箇条書きで。

    ・アラーム

    ・カウントダウン

     

     

    あ、次に紹介する機能は普通の時計には意外とないかもしれませんね。

     

    ・座りすぎ防止アラーム

    一定時間座ったままだと、立ってリフレッシュしましょう!的なお知らせをしてくれます。

    仕事に没頭するとついつい忘れがちなので、実は重宝している機能です。

     

    ・スマホを探す

    スマホとBluetooth接続されていれば、『スマホを探す』ボタンを押すと、スマホの音が鳴ってスマホが探しやすくなります。

    よく家の中でスマホをなくしがちな人にはおすすめな機能です(笑)

     

    AMAZFIT Verge Liteのデメリット

    初めてのスマートウォッチであまり比較したことがないのですが、、、

    時計画面を傾けた時の画面表示のスピードがもう気持ち早かったらいいかなーくらいですかね。

    そこまで気になってはいませんけど、強いて言うならレベルです。

     

    感覚に個人差があると思うので、実際のスピードは、次に紹介する動画の冒頭で確認してみてくださいね。

     

    AMAZFIT Verge Liteの使用感、動作感、全メニュー画面を動画で紹介します

    AMAZFIT Verge Liteの使用感や動作感、今までご紹介した機能のメニュー画面を一目でわかるように動画でまとめてみました。

     

    約2分半ですが、長いなーと思ったら倍速もできるので、是非見てみてください!

     

     

    ↓↓↓このスマートウォッチの詳細を見たい方はこちら↓↓↓

    > AMAZFIT Verge Lite

     

     

     

     

     

    スペック

    • ダイヤル直径 43mm
    • 表示 1.3インチAMOLED解像度:360 x 360Corning Gorilla 3強化ガラス指紋防止コーティング
    • リストバンド素材 シリコーン+ポリカーボネート
    • リストバンド処理 クリーニング処理
    • リストバンドの長さ 70 mm + 113 mm
    • センサー PPG心拍センサー3多軸加速度センサー周囲光センサー
    • GNSS衛星測位 GPS + GLONASS
    • 接続性 Bluetooth 5.0 BLE
    • 電池 390mAhリチウムポリマー電池
    • 充電時間 2.5時間
    • バッテリー寿命 典型的な使用シナリオで20日以上1
    • 時計本体素材 ガラス繊維と強化ポリカーボネート
    • 防水グレード IP68
    • サポートされている音楽プレーヤー Android:Google Playミュージック、SpotifyIOS:Apple Music、Spotify、SoundCloud
    • サポートされているデバイス Android 4.4またはiOS9.0以上、およびBluetooth 4.0以上を搭載したデバイス
    • 付属品 「3つの保証」用のUSB充電器、ユーザーマニュアル、バウチャー

     

    AMAZFIT Verge Liteはギアベストで購入できます

    もし、今回のAMAZFIT Verge Liteが気になる方は、海外通販サイトのGearbestで購入可能です。(Liteは日本では販売されていないようです)

     

    ※参考までに、上位機種のAMAZFIT Vergeであれば、日本のアマゾンや楽天でも買えますが、若干高いです。最安で購入したい時はGearbestがおすすめです。

     

    ・日本(アマゾン/楽天):2万円以上

    Gearbest:$119.99(13,000円)

     

    ※なんと約40%OFFで購入できます。その差は約8,000円!(2019年12月現在)

     

    次からは

     

    RYO
    そもそも、海外通販サイトのGearbestって何ぞや?

     

    という方に、簡単なサイトの紹介や購入方法をご説明します!

     

    そもそもGearbest(ギアベスト)とは

    Gearbest(ギアベスト)は、海外のガジェット好きから長年愛用されている、海外ガジェット・ファン御用達の中国の通販サイトです。

    私が見た印象としては、ガジェットだけではなくてアパレルから日用品まであったので、まさに『アマゾンのような品揃えの激安通販サイト』といった感じでした!

     

    日本でいう楽天みたいな個人商店の寄せ集めではなく、ギアベストは全ての商品をギアベスト自体で一括管理しているので安心です。

     

    そのため、

    ・商品の品質がおおむね良い

    (中国なので日本レベルを求めすぎてはいけません(笑))

    ・受注から発送までのスピードが早い

    といった印象でした。

     

     

    まずは簡単な会員登録をすればすぐに購入できます。

     

    Gearbestのホームページに行く。

    ②ページ右上の『Language』のプルダウンメニューから『日本語』を選択

    ③Languegeのすぐ下の『サインイン』から『登録ボタン』を押す。

    ④メールアドレスと設定したいパスワードを入力。そして下にある『Register』(登録)のボタンを押す。

     

    たったこれだけです。

     

    登録したメールアドレスにGearbestからのメールが届いて、そのメールのリンクをクリックすると登録完了し、ショッピングが開始できます。

     

     

    後は、Gearbestでの商品購入のコツを簡単に箇条書きにしました。

     

    ■評価の高い物から試すのがおすすめ

    発売からの期間や物にもよりますが、レビュー数が1000以上のものは安心して購入できるはずです。

     

    ■発送元の倉庫(Warehouse Options)はHK-4(香港)がおすすめ

    ChinaよりHK-4(香港)が出荷が早いため、早くほしい方は香港を選んでください。ただし、発送元が違うと値段が変わるものもあるのでご注意ください。

     

    ■発送方法(Shipping)は追跡番号があるものがベター(特に高額商品)

    商品によって選択できる内容が違いますが、例えば

    • Unregistered Air Mail 15-30 business days 無料
    • Registered Air Mail 15-28 business days $〇〇
    • Priority Line 5-9 business days $〇〇
    • Expedited Shipping 7-15 business days $〇〇

    といくつか発送方法があります。

     

    一番上のUnregisteredは送料無料だけど、トラッキング(追跡番号)がなく、購入商品が今どこにいるのか追跡できない&到着まで1カ月近くかかるのがネック。

    それ以外のオプションは、追跡番号が付くので安心です。

     

    ■配送先住所の記載は、日本語と英語の両方記載して確実に届くようにする。

    海外に荷物を送ったことある方は大丈夫かと思いますが、英語で日本の住所を記入する際には、逆の順番で記入しましょう。

     

    『マンション名〇〇号 ◯丁目◯番地◯町 ◯市 都道府県 郵便番号』

    例:1 Chome-2-3 Roppongi, Minato, Tokyo 123-4567, Japan

    の順番に記載

     

    ■困った時や不明点はGearbestサポートセンターに連絡

    何か困った事や不明な事があれば、サポートセンターに問い合わせることができるので安心です。

     

     

    参考までに、現在Gearbestではフラッシュセールというのをやっています。

    今回レビューしたAMAZFIT Verge Lite

    $140.42(約15,300円) → 36%OFFの$89.99(約9,800円)

    とかなりの割引率のセールになっています!

     

     

    例えば、他にも高性能スマホ・OnePlus 7T Pro

     

    $1008(約109,872円) → 35%OFFの$659.99(約71,938円)

     

    など、その他にもたくさんセール品があるので、もし気になる方がいたら見てみてください。

     

    >Gearbest

    >AMAZFIT Verge Lite

    >OnePlus 7T Pro

    スポンサーリンク

    スマートウォッチはバッテリー長持ちのAMAZFIT Verge Liteがおすすめ。使用感や機能性の徹底レビュー【Xiaomi・シャオミ / Huami】※動画あり | まとめ

    スマートウォッチ・AMAZFIT Verge Liteの良いところ、悪いところをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

     

    気になるところをタップすれば、またピンポイントで戻って読めます。

       

      正直、このデザイン、20日間の電池持ち、機能性含めてコスパの高いスマートウォッチでした。

      RYO
      長寿命バッテリーっていうのが、スマートウォッチで一番重要な機能といっても過言ではないですね。

       

      この記事がスマートウォッチを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

       

      AMAZFIT Verge Lite

       

       

       

       

       

      AMAZFIT Verge

       

      スポンサーリンク

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事