【6か月使用レビュー】HUAWEI WATCH FITは10日間電池が持つおすすめのスマートウォッチ

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

 

今回は2020年12月に購入したスマートウォッチ・HUAWEI WATCH FITの6か月使用レビューをします!

HUAWEI WATCH FITのイメージ

 

実際に6か月間使用してみて、予想以上に便利なスマートウォッチだったので、徹底レビューとおすすめポイントを厳選して紹介!

 

今までAMAZFITのスマートウォッチを使ってきた私の視点で、このHUAWEI WATCH FITのおすすめする理由やデメリットなどを簡単にレビューしていきます。

 

 

  • HUAWEIのスマートウォッチってどうなの?
  • 他ブランドと何が違うの?
  • 実際の使い勝手はどうなの?

と気になっている方には、是非この記事を読んでほしいです。

 

AMAZFITとの比較もしつつ、デザインや使い方、機能性など、圧倒的な写真数でこのHUAWEI WATCH FITを紹介していきます!

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。
この記事の後に読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

 

※過去に徹底レビューしたスマートウォッチはこちら

 

 

 

 

※おすすめポイントが多いので、長く感じる方は読み飛ばしたり、タップできる目次から読みたい部分から読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

HUAWEI WATCH FITのデザインや同梱物

 

 

まずは、HUAWEI WATCH FITのパッケージを紹介します。

HUAWEI WATCH FITのパッケージ

 

裏面には特長が書かれています。

HUAWEI WATCH FITのパッケージ裏面

 

スマートウォッチ本体はこんな感じ。

HUAWEI WATCH FITの外観 斜め

 

非常にシンプルで潔い縦長デザイン。

HUAWEI WATCH FITの外観 正面

 

わずかにやさしい弧を描いたラウンドしたフォルム。手首にそっと寄り添います。

ボタンは右側面に一つあります。

HUAWEI WATCH FITのラウンドしたフォルムとボタン

 

バンドにはHUAWEIのロゴ。

HUAWEI WATCH FITのバンド ブランドロゴ

 

バンドは簡単着脱できて交換可能。

バンドの色や素材が変えられるので長く使えます。

HUAWEI WATCH FITのバンドは着脱可能

 

 

同梱物も必要最低限。

・HUAWEI WATCH FIT 本体

・充電ケーブル

・保証書

・取扱説明書

 

HUAWEI WATCH FITの付属物

たったこれだけです。

説明書はもちろん日本語対応しています。

 

RYO
普段着、スポーツ時、スーツなどどんな服装にも合うシンプルなデザインがうれしいですね。
次は、HUAWEI WATCH FITをおすすめしたい人について解説します。

HUAWEI WATCH FITはこんな人におすすめ

HUAWEI WATCH FITは

  • スマートウォッチを毎日充電したくない人
  • 運動、睡眠など24時間しっかり管理して健康になりたい人
  • 1万円台で定番のスマートウォッチの機能を使いたい人

には本当におすすめ。

 

実は、HUAWEI WATCH FITにはたくさんのおすすめポイントがあります。

 

ただ、それを全て紹介して解説していくとあまりにも多すぎて、

「…結局、このスマートウォッチって何ができるの?」

とわかりにくくなること間違いありません(笑)

 

そこで今回は、30代男の私視点でHUAWEI WATCH FITをおすすめする理由をまとめました!

HUAWEI WATCH FITをおすすめする理由

さっそくですが、30代男の私視点でHUAWEI WATCH FITをおすすめする理由はこちら!

 

私視点のHUAWEI WATCH FITをおすすめする理由
  • 約10日間の長持ちバッテリーで充電の手間が少ない
  • フル充電は約1時間!たった5分の充電でも1日使える
  • AMOLEDの縦長ディスプレイで本当に見やすい
  • ウォッチフェイスがかなり豊富
  • 96種類のワークアウトモードであらゆる運動の記録ができる
  • 座りすぎ通知で強制的にフィットネス習慣が身につく
  • かなり詳細な睡眠モニタリングで睡眠時間が増える
  • スマートウォッチの定番機能もしっかり搭載

これらのおすすめポイントを解説していきます!

 

RYO
それではさっそく行ってみましょう!

おすすめ 1:約10日間の長持ちバッテリーで充電の手間が少ない

HUAWEI WATCH FITは

  • 約10日間の長持ちバッテリーで充電の手間が少ない

というのが、最大のおすすめポイント。

実は、私は朝と夜の自転車通勤で片道20分のサイクリングのワークアウトモードを使うハードユーザー。
その使い方だと正直3日しか持ちません。(ワークアウト20分が1回で10%減ります)
ただ、土日でワークアウトモードを全く使わない日に確認したところ、1日10%程度しか減らないことがわかりました。
普通に使う分には8-10日くらいは電池が持ちます。
電池持ちについては正直、前に使っていたAMAZFITの方が電池持ちがいいですね。
(AMAZFITはワークアウトモードをハードに使っていても電池の減りは少なかったです)
ただ、
  • フル充電は約1時間!
  • たった5分の充電でも1日使える

ので、ハードユーザーの私でも電池持ちについてはそこまで気になっていません。非常に助かっています。

充電は本体裏の端子に充電ケーブルを付ける感じです。

 

RYO
スマートウォッチにとって電池持ちは正義です。

おすすめ 2:AMOLEDの縦長ディスプレイで本当に見やすい

 

HUAWEI WATCH FITは、

  • 1.64インチの高解像度AMOLED
  • 縦長デザイン

でかなり視認性が高いです。

 

 

屋内外の視認性はこんな感じです。

明るさ自動に設定していますが、屋外でもはっきりと見えます。

屋内

屋外

 

ちなみに、手首を傾けた時の文字盤表示スピードは早いです。

発売時期が違うものの、前に使っていたAMAZFITとの差は明白で、圧倒的早いです。

 

一応、文字盤常時表示モードもありますが、文字盤表示が早いので問題ないし、そもそも電池持ちが悪くなるので使ってません。

RYO
晴れの日の屋外でもしっかり見えて快適です。

 

おすすめ 3:ウォッチフェイスがかなり豊富

 

HUAWEI WATCH FITは、
  • ウォッチフェイスがかなり豊富

というのも魅力的なポイント。

 

 

百聞は一見に如かず。一覧画面を見てください!

正直いらないものも多いですが、きっと気に入るデザインがあるはずです。

HUAWEI WATCH FITの文字盤1
HUAWEI WATCH FITの文字盤2
HUAWEI WATCH FITの文字盤3
HUAWEI WATCH FITの文字盤4
HUAWEI WATCH FITの文字盤5
HUAWEI WATCH FITの文字盤6
HUAWEI WATCH FITの文字盤7
HUAWEI WATCH FITの文字盤8
これらをスマホから選択してダウンロードしてスマートウォッチに複数登録できます。
実際にアナログ、デジタルデザインを設定してみました。
HUAWEI WATCH FITの文字盤 アナログ

アナログ

HUAWEI WATCH FITの文字盤 デジタル

デジタル

 

 

ちなみにこのデジタルデザインは、写真の〇の部分の表示について、

天気、バッテリー、歩数、カロリー消費量などいろいろと自分好みにアレンジできます。

HUAWEI WATCH FITの文字盤 選択モード
HUAWEI WATCH FITの文字盤 デジタル詳細設定

私はもっぱらこのデジタルデザインを使っています。

RYO
いっぱいあるのは嬉しいけど、使うものは決まってくるものですね(笑)

おすすめ 4:96種類のワークアウトモードであらゆる運動の記録ができる

HUAWEI WATCH FITは、
  • 96種類のワークアウトモード

があって、あらゆる運動の記録が付けられます。

 

HUAWEI WATCH FITのワークアウトモード
HUAWEI WATCH FITのワークアウトモード 種類

ランニング、水泳、サイクリングなど11のプロスポーツモードでは実行したワークアウトの記録ができます。

さらに、85種類のカスタムワークアウトモードでは、ヨガや高強度インターバルトレーニングなどの心拍数、カロリー、ワークアウトの持続時間も記録することも。
まさか、私が好きなスケボーや子供が習っているバレーボールまで網羅しているとは(笑)
HUAWEI WATCH FITのワークアウトモード1
HUAWEI WATCH FITのワークアウトモード2
HUAWEI WATCH FITのワークアウトモード3

私は朝と夜の自転車通勤をメインで使っています。

スマートウォッチ上で速度や心拍数が見れます。

HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード 全般
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード 速度
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード 速度グラフ
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード 心拍数
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード 心拍数グラフ
スマホでは、距離やルートはもちろん、速度や心拍数のより詳細のデータが見れます。
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード(スマホ) ルート
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード(スマホ) 速度
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード(スマホ) チャート
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード(スマホ) 詳細
過去の週別、月別、年別の合計も見れます。
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード(スマホ) 月別
スマホでも過去の記録がある程度見れます。
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード ワークアウト記録
ワークアウト中もリアルタイムで速度や心拍数、距離、時間が表示されます。
HUAWEI WATCH FITの屋外サイクリングモード リアルタイムの記録
ちなみに、愛車のSCOTT SUB CROSS J1はこちらです!
スコットのクロスバイク SCOTT SUB CROSS J1のレビュー【ミニベロロード歴10年の30代男が語る】

スコットのクロスバイク【SCOTT SUB CROSS J1】ならではの魅力を簡単にまとめると、

  • マットブラックのフレームがとにかくカッコイイ!
  • 幅広ハンドル&グリップで安定感あるライドが楽しめる
  • 雨の日でも安全に止まれる、油圧式ディスクブレーキ搭載

というクロスバイクです。

この自転車の徹底レビューもしています。

RYO
かなり参考になる数字が盛りだくさんでかなり使えます。

おすすめ 5:座りすぎ通知で強制的にフィットネス習慣が身につく

HUAWEI WATCH FITは、
  • 座りすぎ通知

のおかげで、強制的にフィットネスをやらされます(笑)

 

 

仕事中はつい集中がちで、この座りすぎ通知はかなり助かるんですよね。

  • 職場でのエクササイズ
  • 全身のストレッチ
  • 脚とお尻の引き締め

 

など12種類のクイックワークアウトをアニメーション化していて、44種類の標準的な動作デモがあるんです。

スマートウォッチのディスプレイに出現する男性が、やり方を丁寧に動画で解説してくれるので、動きがわからなくてもすぐにフィットネスができます。
例えば、ジャンピングジャックのアニメーションです。

これ以外にもたくさんのフィットネスのアニメーションがあるので、本当におすすめです。

RYO
運動メニューも時間も事前に確認できるのもうれしいポイントです。

 

 

 

おすすめ 6:かなり詳細な睡眠モニタリングで睡眠時間が増える

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング

HUAWEI WATCH FITの
  • 精細な睡眠モニタリング

のおかげで毎日の睡眠をかなり意識できるので、睡眠時間が増えます。

 

まだまだですが、徐々に睡眠時間が増えています。(この日はたまたま寝過ぎで11時間も寝ています笑)

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 日別詳細スコア

 

 

 

昔は平均4-5時間でしたが、今は6時間程度になりました。

 

スマホ画面では、月別、週別、日別で詳細が見れます。

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 月推移

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 月推移

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 月平均

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 月平均

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 週平均

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 週平均

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 日別詳細

HUAWEI WATCH FITの睡眠モニタリング 日別詳細

 

 

おすすめ 7:スマートウォッチの定番機能もしっかり搭載

HUAWEI WATCH FITは
  • 定番機能もしっかり搭載

しているので、1万円台のスマホでも過不足なく安心して使えます。

 

ざっと機能を紹介しますね。

 

■通知(日本語対応で使いやすい)
HUAWEI WATCH FITの通知機能
HUAWEI WATCH FITの通知機能 詳細
LINEはもちろん、Gmailやメルカリなどのアプリの通知もしてくれます。
通知は自分が見たいアプリを選んで設定できるので便利です。
必要な通知だけスマートウォッチで見ればよいので、毎回いちいちスマホを取り出してみることがなくなったので時間短縮に。かなりおすすめ。
■天気

HUAWEI WATCH FITの天気機能

 

時間別、週間、日の出、日の入りもわかります。

HUAWEI WATCH FITの天気機能 時間別

HUAWEI WATCH FITの天気機能 時間別

HUAWEI WATCH FITの天気機能 週間

HUAWEI WATCH FITの天気機能 週間

HUAWEI WATCH FITの天気機能 日の出 日の入り

HUAWEI WATCH FITの天気機能 日の出 日の入り

 

 

全然使わないですが、潮汐、月相、月の出、月の入りもみれます。

HUAWEI WATCH FITの天気機能 潮汐

HUAWEI WATCH FITの天気機能 潮汐

HUAWEI WATCH FITの天気機能 月相

HUAWEI WATCH FITの天気機能 月相

HUAWEI WATCH FITの天気機能 月の入り 月の出

HUAWEI WATCH FITの天気機能 月の入り 月の出

 

 

 

■ストップウォッチ
■タイマー
■アラーム
HUAWEI WATCH FITの機能 ストップウォッチ タイマー アラーム 懐中電灯
特にアラームは朝の目覚まし時計代わりに使ってます。手首が振動するのですぐ起きられます。
バイブレーションで知らせてくれるので、周りを気にせずにアラームが使えます。
■懐中電灯
■端末を探す
■設定

HUAWEI WATCH FITの機能 懐中電灯 端末を探す 設定

 

懐中電灯は、画面全体が白く光ります。

端末を探すは、スマホをなくした時に押すとスマホがなります。(かなり音は大きいので探しやすい)

 

 

 

■睡眠

■ストレス

■呼吸エクササイズ

HUAWEI WATCH FITの機能 睡眠 ストレス 呼吸エクササイズ
HUAWEI WATCH FITの機能 ストレス詳細

HUAWEI WATCH FITの機能 ストレス詳細

睡眠は先程お見せした通りです。
ストレスは、仕事で忙しくなっている時にちょうど数値が大きくなっていてびっくりしました。実は結構精度高いのかもしれません。
呼吸エクササイズは、心を落ち着かせたい時に使うのが良いかと思います。

 

■ミュージック

■メッセージ

HUAWEI WATCH FITの機能 ミュージック メッセージ
HUAWEI WATCH FITの機能 ミュージック詳細

 

ミュージックは、スマホで再生している音楽やYouTubeをスマートウォッチで再生、停止、音量などの操作ができます。

 

 

 

■心拍数

■血中酸素

■活動記録

■睡眠

HUAWEI WATCH FITの機能 心拍数 血中酸素濃度 活動記録

心拍数は常に計測しているので、その結果が見れます。

血中酸素濃度は、最近アップルウォッチでも追加された機能ですが、このスマートウォッチでも測定できます。

 

 

設定

■表示

■振動の強さ

■通知の鳴動制限

HUAWEI WATCH FITの機能 表示 振動の強さ 通知の鳴動制限

表示は、文字盤の常時表示も設定できます。

振動の強さも好みで変えられます。

 

 

 

■運動の設定

■システム

■端末情報

HUAWEI WATCH FITの機能 運動の設定 システム 端末情報

運動の設定は、運動の自動検出ができます。

その他細かな設定ができます。

 

 

見てもらった通り、スマートウォッチの定番機能は大体入っているので、リーズナブルでもかなり使えるのが魅力。

 

 

おすすめ 8:バンド交換も簡単。交換パーツも豊富で長く愛用できる

HUAWEI WATCH FITのバンドは着脱可能
HUAWEI WATCH FITは、簡単にバンドが交換できるのも魅力。
専用のバンド、フィルム、ケースなどの消耗品も豊富にもあるので長く愛用できます。

HUAWEI WATCH FITのスペック

■サイズ:

縦約46 mm × 横30 mm × 厚さ10.7 mm (バンドを除く)

※サイズ、重量は、製品個体で異なる場合があります。

 

■ディスプレイ:

約1.64 インチ AMOLED 456 x 280 HD
タッチスクリーン対応

 

■重さ:

約21 g (バンドを除く)

※サイズ、重量は、製品個体で異なる場合があります。

 

■材質:

耐久性のあるポリマー繊維

 

■ベルト:

グラファイトブラック シリコンベルト
ミントグリーン シリコンベルト
サクラピンク シリコンベルト
カンタロープオレンジ シリコンベルト※公式EC限定カラー

 

■カラー:

サクラピンク

グラファイトブラック

ミントグリーン

カンタロープオレンジ ※公式EC限定カラー

 

■センサー:

加速度センサー
ジャイロセンサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
装着検知センサー

 

■バッテリー / 持続時間:

連続10日間使用の例:
心拍数モニタリングとHUAWEI TruSleep™を有効にして1日24時間着用、毎週30分のワークアウト(GPSを有効にして)、メッセージ通知を有効にして(SMSメッセージ50通、通話6回、アラーム3回/日)、画面を1日200回オン。

連続7日間使用の例:
心拍数モニタリングとHUAWEI TruSleep™を有効にして1日24時間着用、毎週60分のワークアウト(GPSを有効にして)、メッセージ通知を有効にして(SMSメッセージ50通、通話6回、アラーム3回/日)、画面は1日500回オン。

 

■連続GPSモード:

約12時間

 

■急速充電:

30分で約70%充電可能

 

■GPS:

GPS内蔵

 

■対応OS:

Androd 5.0以上
iOS 9.0以上

 

■ボタン:

スクリーンタッチ+サイドボタン

 

■充電端子:

磁気充電ポート

 

■防水:

5 ATM

5 ATM規格に準拠したデバイスは、ISO規格22810 : 2010に基づく水深50メートルでの耐水性を備えています。これはプールや海の浅瀬で水泳をする際に使用できることを意味しています。但し、スキューバダイビング、水上スキー、または高速の水流や浅瀬ではない所(水深50メートル以下)での水没を伴うその他の活動には適していません。

防水対策の詳細については、https://consumer.huawei.com/jp/support/how-to/detail-troubleshooting/ja-jp00738723/をご参照ください。

 

■通信規格:

Bluetooth 5.0 BLE

 

■付属品:

本体× 1
充電クレードル付USBケーブル× 1
クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内

※抜粋:HUAWEI WATCH FIT

HUAWEI WATCH FITのデメリット

 

いろいろとおすすめポイントポイントを解説しました。

 

でも一方で気になったデメリットもあります。

 

HUAWEI WATCH FITは

  • 充電端子が若干外れやすい、、、
ということ。
慣れれば問題ないのですが、置き方によっては外れやすいのでそこだけ注意です。

RYO

大したデメリットではないですが、それ以外は大満足です。

HUAWEI WATCH FITの口コミ

私だけの主観だけだと説得力がないと思いますので、HUAWEI WATCH FITの口コミをまとめてみました。

非常に高い完成度で満足。運動や睡眠のトラッキング精度の高さはすばらしく、GPSも内蔵されているのでランニングが楽しくなった。

・音楽コントロールは出来ますがウォッチ単体での音楽保存・再生機能はないので音楽機能を重視するならそこはネックかも。

電子決済の機能はないので、Suica等をウォッチで利用したいと考えている方はアップルウォッチかガーミン製の他スマートウォッチを検討された方がよい。

・しかし画面の美しさ、本体の軽さ、各トラッキングの高さは15000円の商品とはとても思えないクオリティで素直に驚いた。

・ファーウェイのヘルスケアアプリも初めて使いましたが、とても見やすく最低限の機能は揃っており愛用しているGoogleFITとも同期してくれるのでまったく問題ない完成度。

・安価でクオリティの高いスマートウォッチを求めている人に強くおすすめ出来る製品。

・音楽機能以外ほぼ文句のない完成度なので、多くを求めない人にとっては最高のウォッチになるかも。私は非常に満足している

コストパフォーマンスは良い。スマートウォッチにあって欲しい最低限の機能がついています。

ただ、Gmailの通知は件名のみで本文が表示されず残念。

・サイズ感と装着感が良く、さらに軽いので着けていることを忘れるぐらいです。睡眠時にも全く邪魔になりません。

・ほぼ24時間つけっぱなしで、15%の電池消費。このままいけば5日間は充電なしで持ちそうです。

・本体がとても軽いので、一日中つけていても苦になりません

・運動支援機能が多くあり、モチベーション維持に役立ちそう。

・本体は結構頑丈そうですので、様子見ながら使用していきます。

・初めてスマートウォッチ購入するので不安でしたが使いやすく満足。


・ペアリングも簡単
・軽くつけ心地も良い
・バッテリー持ちも良い
・着信、ラインもバイブで知らせてくれ内容をも確認できる
・明るいところでも見易い

【6か月使用レビュー】HUAWEI WATCH FITは10日間電池が持つおすすめのスマートウォッチ | まとめ

 

HUAWEI WATCH FITのおすすめしたいポイントやデメリット、他シリーズとの比較を簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

HUAWEI WATCH FITは

  • スマートウォッチを毎日充電したくない人
  • 運動、睡眠など24時間しっかり管理して健康になりたい人
  • 1万円台で定番のスマートウォッチの機能を使いたい人

には本当におすすめ。

 

RYO
HUAWEI WATCH FITは、健康になりたい人にとってコスパ最強のスマートウォッチです。

 

 

この記事がスマートウォッチを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

※過去に徹底レビューしたスマートウォッチはこちら

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事