ダナー バーティゴ917 danner vertigo917

 

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

今回は購入して約2年愛用してきたレザーブーツ、ダナー バーティゴ917の魅力をお伝えします。

 

簡単にまとめると、

  • 高い防水性と透湿性のゴアテックス搭載
  • 味のでるレザーアッパー
  • ダナーのブーツの中ではリーズナブル

なブーツです。

 

 

ダナー バーティゴ917を選んだ理由から、良いところ、悪いところまで写真も交えてしっかりお伝えしていきます。

 

そもそもダナー(Danner)って?
1932年創業のアメリカ オレゴン州ポートランドで誕生したアウトドアブーツブランド。
1952年にビブラムソールをアメリカ国内初採用、そして1979年には世界初のゴアテックス(R)採用の完全防水ブーツ『ダナーライト』を発表するなど、常に時代の変化に対応して新しい技術を取り入れた、「現場で本当に実力を発揮する最高品質のブーツ」を作り続けています。

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし、記事内のあとで読みたいなーというリンクやボタン、記事があったら、
PCとスマホのブラウザ共通で、
『新しいタブで開く』『別のウィンドウで開く』
でとりあえず開けといて、この記事読み終わったらあとから読む!
としておくと、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

 

↓↓靴を買う前に自分の足のサイズを測ると、靴選びが捗ります!ZOZOMATを徹底解説してます↓↓

 

スポンサーリンク

ダナーのブーツ・バーティゴ917をおすすめする理由。ゴアテックス搭載の雨晴れ兼用靴の魅力を語る。【danner vertigo 917を2年履いてみた感想】

 

ダナー バーティゴ917をおすすめする理由。雨晴れ兼用のカッコ良くて軽いブーツの魅力を語る。【danner vertigo 917】

 

私がこのダナー バーティゴ917を選んだ一番のきっかけとして、雨の日の通勤をもっと快適にカッコ良くしたい!ということでした。

 

 

私は朝の満員電車が大の苦手で、毎日30分かけて自転車通勤をしています。

晴れの日は何も気にせず、スニーカーや革靴など好きな靴を履いて自転車に乗っています。

 

 

ただ、朝から雨または夕方から雨という日については、このブーツ購入前は、朝から長靴を履いて自転車に乗っていました。

一日中雨ならまだよいのですが、「朝だけ雨で昼から快晴!」の時の長靴のカッコ悪さったらないですよね、、、、すれ違う人の視線を無駄に感じるのは私だけでしょうか、、、

 

さらに、ゴム製の長靴って歩きにくいし、蒸れるし、ゴム臭いんですよね、、、、そんな不満を解消してくれる雨の日用の靴がほしくなり、下の条件で探しはじめました。

 

 

 

ダナー バーティゴ917は、同じような不満を持ったこんな条件の靴がほしい人におすすめします!

 

  • 雨の日の自転車通勤を快適にする防水性と透湿性
  • 晴れの時にも長靴感のないカッコ良いデザイン
  • 履くほどに味の出るレザー素材
  • できれば2万円前後

 

この条件を満たしたこのブーツを実際に履いてさまざまな魅力を実感し、私のお気に入りの靴の一つになりました。

 

ダナーのブーツ バーティゴ917をおすすめする理由

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917

RYO
たくさんの写真とダナーへの熱い想いを込めてお届けします(笑)

 

【おすすめ 1】大雨にも耐える高い防水&透湿性のゴアテックス+撥水レザーのブーツ

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ゴアテックス&ウォータープルーフレザー

 

ダナー バーティゴ917は、ブーツ内部に大雨に耐える高い防水&透湿性のゴアテックスブーティを搭載!

 

さらにブーツのアッパーには、フルグレインウォータープルーフ(撥水)レザーを採用!

まずはここの2点がポイントでした。

 

大雨の日の自転車通勤で履いてても、まずはウォータープルーフのレザーのアッパーが雨をはじきます。

 

もし万が一、レザーから水が染みても、ブーツ内側の高い防水性のゴアテックスが水を通さないため、全く浸水せずに靴内部は完全に雨から守られています。

しかもゴム長靴と違い、ゴアテックスの高い透湿性によって、足から出る水蒸気(汗)は、ブーツの外に発散するので靴の中が蒸れずに快適んです!

 

なぜブーツ外側の水は通さないのに、ブーツ内側の水蒸気(汗)は通すのか?というと、ゴアテックス素材の構造に秘密があります。

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ゴアテックス

GORE-TEXタグ ~ゴアテックスプロダクトの証~

 

簡単にいうと、ゴアテックス素材には無数の小さな穴が開いているのですが、その穴の大きさが水よりは小さく、水蒸気よりは大きいということです。

 

その構造によって、外側からの水は通さず(防水性)、内側の足から出る水蒸気は外に発散(透湿性)する防水性と透湿性という相反する機能性を両立したブーツになるのです。

 

しかもゴアテックスの穴は、風より小さいため、風も通しません!

冬の冷たい風からも守ってくれる頼もしいやつです。その恩恵を受けて、雨の日や冬の寒い日の通勤は本当に快適になりました!

 

レザーも履きこむほどにだんだんと履きシワや味が出てきているため、レザーのブーツを自分で育てたい人にも満足できると思います。

 

【おすすめ 2細身で軽いブーツ。そしてスタイリッシュなデザイン

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 細身でスタイリッシュ

 

ダナーだけではなく、アウトドアブランドのブーツって、いかにもゴツいデザインで重いイメージがあります。

 

「登山ならいいけど、基本普段履きでそこまでゴツさやハイスペックさはいらないんだよな~」と思っていました。

 

このダナー バーティゴ917は、

ダナーのクラッシックスタイルとイノベーションの融合

サイドゴアが特徴のヴァーティゴをモダナイズブーツ
「ヴァーティゴ917」へと昇華。

Danner HP>Products>VERTIGO 917より

 

とダナーHPで語っている通り、企画やデザインの段階でタウンユースも意識しているため、全体的にスタイリッシュなデザインになっています。

 

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 スタイリッシュなソール

かかとからつま先に行くにつれて緩やかに薄くなっていくソール。

アッパーからソールまで全て黒いとぼってりと重たいイメージになるのですが、ソールの色がホワイトなのも、軽くすっきり見せてくれるポイントです。

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 細身でスタイリッシュ

かかと部分のソールが一番厚くて、

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 細身でスタイリッシュダナー バーティゴ917 danner vertigo917 細身でスタイリッシュ

ソールのつま先先端が一番薄くなっていることで、シュッとした印象に。

他のアウトドアブーツでは見られないディテールです。

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 細身でスタイリッシュ

履いた時に自分が一番よく見る上からの見ため。

この部類のブーツにしては、全体な横幅やつま先部分が細いのがわかります。

そして重さが片足467gとブーツにしてはかなり軽量!

(サイズ26cmの実測値)

 

ブーツを履いてるとは思えない程、足取りが軽いです!

 

雨晴れ兼用で軽量、そして普段履きできるスタイリッシュなデザインというのも、かなりポイントが高いです!

 

【おすすめ 3】サイドゴア仕様の脱ぎ履きし易いブーツ

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 サイドゴア

 

ハイカットブーツって脱ぎ履きしにくいですよね、、、足の入れ口がレザーだけなのか、はたまたこの伸縮性の高いサイドゴアがあるのかでは、脱ぎ履きのストレスは結構軽減されているに違いありません。縁の下の力持ち的存在です。

 

ただ、脱ぎ履きしにくい問題については、サイドゴアだけだと個人的には全然解決出来なかったため、私なりにさらなる解決策を施しました!それはまた後程。

 

【おすすめ 4】高い弾力性とグリップ性を持った、ビブラムソールのブーツ

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ビブラムソール

 

従来のEVAソールと同等の弾力性やクッション性を備えつつ、耐久性や反発力、安定性に優れた「vibram SPE MIDSOLE」という白いミッドソール。

 

確かにちょっと急いでる時にダッシュしても足が痛くならなかったな、、、、

 

ごつごつしたブーツの固くてずっしりとした履き心地ではなく、スニーカーのような、柔らかい弾力性のある軽い履き心地を実感しました。

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ビブラムソール

アウトソールには、ビブラム社と共同開発した917シリーズ専用の「vibram 917」を使用しているとのこと!

 

ダナーのためだけに作った特別なソールらしく、このソールの名前が商品名の由来かもしれませんね。

 

広い接地面積と細かなブロック状のソールパターンのおかげか、雨の日に自転車のペダルをこいでいても滑らないし、雨で濡れたアスファルトやお店のツルツルとした路面でも、ほとんど滑らずに安定した走りを見せました!(笑)

 

【おすすめ 5】高い通気性とクッション性のオーソライトインソールを使用。

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 オーソライトソール
ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 オーソライトソール

 

インソールを引っ張り出してみました!表は黒地に白字のダナーのロゴが輝いており、裏はいかにも通気性が良さそうなスポンジ状でした。

 

その名も「オーソライトインソール(Ortholite)

薄いのにふわふわとした感触で、しっかり足裏全体にフィットしている感じがします。

 

実は多くのスニーカーメーカーでも採用されているみたい、、どおりでブーツなのにスニーカーみたいな履き心地のわけだ!

 

防臭性やへたりが少なく耐久性もあるらしいので、足の匂いも気にせず長く使えそうです。

 

【おすすめ 6】ダナーの中ではリーズナブルなブーツ。

 

ダナーといえば、定番・ダナーライトやマウンテンライトですが、その価格は6万円前後。

 

 

「ダナーのブーツほしいなー」と思っても、30代子持ちパパの少ないお小遣いだと、6万はかなりきつい、、、

と思ってたのですが、このダナー バーティゴ917は、なんと2万円前半!

 

ダナーライトと同じゴアテックスの恩恵を受けられる、ダナーのブーツが2万円台で手に入るのは本当に本当にうれしいです、、、。

 

着用イメージやコーディネート

 

需要あるかわかりませんが、この写真で着用しているアイテムをご紹介します!…いや、ご紹介させてください(笑)

着用アイテム
■アウター:

給付金で最近買ったゴアテックスのマウンテンジャケット。

ゴアテックスの透湿防水、防風などの機能性はもちろん、デザインの完成度もかなり高いです。

こちらも後日徹底レビューしますね。

■インナー:

 

■パンツ:

・ユニクロ スマートアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)09BLACK S

オールシーズン対応する便利なテーパードパンツ。

スラックスのような素材感や見た目なのに、洗濯機OK、ストレッチ、ドライ、汗かいてもすぐ乾くという、ビジネスからスポーツまで幅広く使えます。

↓徹底レビューしています↓

 

■時計:

BRAUN Watch BNH0032 Mesh ブラック

写真では見えてませんが(笑)

シェーバーが有名のドイツのブランド・ブラウン。

洗練されたデザインのブラウンの腕時計です。スーツスタイルでも普段使いもできるので重宝してます。

created by Rinker
¥25,850 (2020/09/25 02:03:07時点 楽天市場調べ-詳細)

 

■アクセサリー:

・ハレルヤ レザーブレスレット ブラック

こちらも見えてませんね(笑)

 

「ブランドに負けない高品質な革小物をもっと身近にしたい。」という思いをもとに、大阪で2014年創立の革小物ブランド・ハレルヤ

 

 マルイ有楽町、マルイなんば、阪急博多などの関東や関西、九州の名立たる百貨店の店舗でも取り扱いのあるブランドです。

 

半袖だと、どうしても手首がさみしくなりがち。本革編みのブレスレットをつけるだけでこなれた感じが演出できます。

 

 

ちなみにこのブランドのミニウォレットを使ってるのですが、革の質や機能性が素晴らしいです。

 

↓↓ハレルヤのミニウォレットの徹底レビューはこちら↓↓

ダナーのブーツ バーティゴ917のデメリット

ソール交換ができない

 

ソール交換ができないのは、ソールを張り替えて長く履こうと思っている方にはデメリットかもしれません。

 

ただ、ビブラムソールは耐摩耗性もあるし、おそらく(道産子の暑がりの私にとっては、6月~10月の約半年と感じている関東の)夏には履かないし、夏以外の季節を考えても、もちろん他のお気に入りの靴も履きますし、毎日このブーツだけを履くわけでもないので、ソールは長持ちする気がします。

 

例えば、スニーカーってソール交換できないと思うのですが、普通のスニーカーでも5年以上愛用している物もあるので、個人的にはそこまで気になっていません。

 

ソール交換できない分、軽量で履き心地が良くて、リーズナブルなブーツが手に入るなら、私は全然OKです!

 

脱ぎ履きする時に、紐を結ぶのがめんどくさい

このダナー バーティゴ917には、黒の平ひもと赤の丸ひもの2種類が付属されています。

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 靴ひも

最初はこの黒い靴ひもをつけて履いていましたが、、、

 

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 シューレース

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 シューレース

 

このダナー バーティゴ917だけじゃなく、ひもタイプのハイカットブーツ全般の不便な点ですが、いちいちひも結ぶの、めんどくさい、、、、

ここがネックになるのは買う前からわかってはいて、でもゴアテックスで防水で、レザーでカッコ良くて、小遣いで買えるブーツ、、、ほしいな~まぁ慣れたらスムーズに結べるようになるだろう、、、と、自分に言い聞かせて購入。

 

しばらく紐を結んではほどいて、、、と履いていたのですが、、、やはりめんどくさいものはめんどくさい。

 

特に急いでいる時にうまく結べないと、かなりイラつきます。

かっこいいんだけど、もうこの靴履くのやめようかな、、、せっかく買ったのに、、、と思うくらい。

 

デメリットは「伸びる靴ひも」で解消!脱ぎ履きし易いブーツに早変わり!

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ゴム紐

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917 ゴム紐

 

そんな履いたり脱いだりするたびに起こる悩みを、「伸びる靴ひも」で一気に解決!

 

靴ひもを結んだそのままの状態で、足をすっと入れるだけ、足をすっと出すだけで、簡単に脱ぎ履きできるようになりました!やったー!

(この時に、サイドゴアの伸縮性と伸びる靴ひもの相乗効果が存分に発揮されます!)

 

これでもう、「この靴履くのやーめた!」ということは一切なくなりました!

RYO
雨の日も風の強い日も、もちろん晴れの日も、履きたい時に履けるお気に入りの一足に!

 

 

ダナー バーティゴ917の口コミ

あまり口コミの数自体が少なかったのですが、私だけの主観だけだと説得力がないと思いますので、ダナー バーティゴ917の口コミをまとめてみました。

ソール交換出来ない以外は満点に近いと思います。

ダナーのブーツは初めてでしたが、ちょうど良いサイズでした。

軽くて歩きやすい。気に入りました。

通常25.5を履いていて、アドバイス通り25.0を購入。

・薄い靴下だとピッタリ、厚手だときついです。25.5の方が良かったかもしれないし、もしかしたら大きすぎたかもしれませんので微妙ですが、履きやすさと格好良さは満足です。

 

ダナーのブーツ・バーティゴ917をおすすめする理由。ゴアテックス搭載の雨晴れ兼用靴の魅力を語る。【danner vertigo 917を2年履いてみた感想】 | まとめ

ダナー バーティゴ917 danner vertigo917

 

ダナー バーティゴ917のおすすめしたい良いところやデメリット、そしてデメリットの解決方法まで、とことん語り尽くしましたが、いかがでしたでしょうか??

 

改めておすすめのポイントはこちらです。

ちなみに私は普段26.5cmの靴を履いているのですが、26cmを購入しました。

(26と26.5cmを実際に店舗で履き比べて決めました。)

 

もし自分の足サイズが気になる方は、

 

 

店舗に行くのは面倒くさいけど、実際に試着したい方は、

気になる靴のサイズ・カラー違いなどを取り寄せて自宅で試着して買えるアマゾン プライム ワードローブがおすすめです。

 

↓↓徹底レビューと解説はこちら↓↓

この記事が、
  • 雨の日の自転車通勤を快適にする防水性と透湿性
  • 晴れの時にも長靴感のないカッコ良いデザイン
  • 履くほどに味の出るレザー素材
  • できれば2万円前後

という靴を探していた方のお役に立てればうれしいです。

 

RYO
雨の日でも履くと気分があがる、本当に快適でカッコいいブーツです。

 

 

ビビっと来た人は、実際にダナー バーティゴ917を履いて、その魅力を実感してみてください!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事