【クラウドバンク 運用実績】28カ月目 2017年3月~2019年7月 ※ソーシャルレンディングをやってみた感想

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

実は資産運用の一環として、ソーシャルレンディングへの投資を約3年前くらいから行っています。

その時にソーシャルレンディング事業者をいろいろと検討した結果、私はクラウドバンクを選びました。

 

クラウドバンクでの約3年の実際の運用実績とやってみた感想を交えてソーシャルレンディング投資についてご紹介します。

 

 

 

ソーシャルレンディングって、、、

 

  • そもそも何?怪しい気がする。
  • どの会社で始めればいい?
  • 実際運用したらどんな感じ?
  • メリットは?
  • デメリットは?

 

と気になっている方に読んでほしいです。

 

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。
この記事の後に読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

 

 

↓今までの資産運用の記事はこちら↓

 

タップできる目次

 

【2020年6月】クラウドバンクで約3年ソーシャルレンディング投資をやってみた運用実績とメリットやデメリット【Crowd Bankは怪しいという噂は本当?】

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい「借手(事業者)」にお金を貸し出したい「投資家」をマッチングするサービスです。

 

ソーシャルレンディングは、

  • お金を借りたい「借手(事業者)」:事業に必要なお金を少ない金利で借りられる
  • お金を貸し出したい「投資家」:利回りの良い資産運用ができる

というのがメリットです。

 

その貸し手と投資家をつないでいるのがソーシャルレンディング事業者です。

 

 

クラウドバンク(Crowd Bank)とは?怪しいという噂は本当?

 

ファンドを選んで、融資で運用

クラウドバンクとは、
サイト上で募集している様々なファンドから、
気に入ったものを選んで、
プロが行う融資による資産運用に参加できるサービスです。

 

全てのファンドは、保全性を考慮した融資による運用を行うので、
相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要もなく

 

特別な知識がなくても、
「ほったらかしで資産が増えていく」体験を楽しめます。

 

 

 

参考までに基本的な企業情報です。

サイト名 クラウドバンク
URL https://crowdbank.jp/
運営会社名 日本クラウド証券株式会社
本社所在地 東京都港区六本木七丁目15番7号 新六本木ビル 6F
設立 1993年(旧 ディー・ブレイン証券)
代表取締役 橋村 純
資本金 1億円(平成31年3月31日現在)
金融商品取引業登録 第一種・第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第115号
売上高 24億608万円(2019年3月期実績)
上場有無 非上場
サービス開始年月 2013年12月
参考利回り 6.99%(※2019年3月末までの3年間に運用したファンド実績)
投資金額 1万円から
投資実行額・応募総額 応募総額 769億円超(※2019年12月現在)
運用期間の目安 最短2ヶ月~最長36ヶ月
元本毀損実績など 融資回収率100%

(2019年6月時点のクラウドバンクファンドからの融資回収率)

 

クラウドバンクは、

 

・日本初!の証券会社(第一種金融証券取引業)運営。

 

他のソーシャルレンディング業者より、厳しいハードルをクリアしています。

 

 

ソーシャルレンディングで何よりも大事なのは事業者がきちんとしているか。

といっても過言はありません。

 

これはかなりの安心材料ではないでしょうか。

 

 

 

クラウドバンクは怪しい?

みたいな噂もあるようですが、全然怪しい会社ではございません(笑)

 

 

しかも、新型コロナウイルス支援まで行っているようです。

それでも気になる方は、クラウドバンクの公式HPで詳細をじっくり見てみてください↓↓

 

 

 

若干のリスクはあるかもしれませんが、

 

知識なし&手間なし&ほったらかしで高い年利で運用ができる

 

というソーシャルレンディング投資に挑戦してみようと約3年前からスタートしました。

 

投資先としては、

 

  • 太陽光発電ファンド
  • 中小企業支援型ローンファンド
  • 米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド

 

など多岐にわたります。

 

【クラウドバンク 運用実績】28カ月目 2017年3月~2019年7月 ※ソーシャルレンディングをやってみた感想【クラウドバンク 運用実績】28カ月目 2017年3月~2019年7月 ※ソーシャルレンディングをやってみた感想

 

大よそ、

 

  • 運用期間:6~10カ月
  • 目標利回り:6~7%

 

の案件が多いイメージです。

 

資金が償還された後、

 

RYO
さて次は何に投資しようかな~?

 

案件を探すたびに何かしらの投資案件があるので安心です。

 

 

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑
口座維持費用や手数料は掛からないので、すぐに投資する必要もありませんのでご安心を。
ただ、これだ!という案件にすぐ飛びつけるために、無料登録で口座開設だけでも先にしておくのをおすすめします。

 

クラウドバンク(Crowd Bank)の運用実績とやってみた感想

現金、株、投資信託、iDeCoなどいろいろ分散投資している中で、初めてのソーシャルレンディング。

2017年3月から入金をはじめて、2017年6月に合計10万円を入金しました。

 

RYO
とりあえずこの10万円がどのくらい増えるかな~

 

という、怪しいかも…という気持ちも抱えながらも、実験的な気持ちでソーシャルレンディングデビューしてみました。

2017年3月から2020年1月までの33カ月間で10万円がどのくらい増えたのか、、、?

 

結果はこちらです!

 

■総資産:100,000円

→ 113,031円 (+13,031円)

 

【2020年1月】Crowd Bank(クラウドバンク)で約3年ソーシャルレンディング投資をやってみた運用実績とメリットやデメリット【怪しいという噂は本当?】

 

 

■分配金:0円 

→ 15,974円   (+15,974円)

 

【2020年1月】Crowd Bank(クラウドバンク)で約3年ソーシャルレンディング投資をやってみた運用実績とメリットやデメリット【怪しいという噂は本当?】

 

 

 

 

■利回り(年利)

2017年 4.81%※10カ月

2018年 6.38%

2019年 6.21%

 

※参考

メガバンクの普通預金の年利:0.001%

 

メガバンクに預けるより、約6,000倍いいですね。

 

しかも、私の運用期間中は運用した全ての資金が遅延もなく償還されています。

クラウドバンクは運用していても安心感がありました。

 

 

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑

 

月ごとの詳細を下に載せました。ご参考まで。

運用実績 投資収益レポート 2017年(月次)

未償還金 償還金 貸倒金
為替差損
分配金(税引前) 源泉徴収税 収益(税引後) 利回り(年利)
1月 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
2月 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
3月 ¥20,000 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
4月 ¥80,000 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 0.00%
5月 ¥80,000 ¥0 ¥0 ¥70 ¥12 ¥58 1.06%
6月 ¥100,000 ¥20,000 ¥0 ¥407 ¥77 ¥330 5.99%
7月 ¥98,324 ¥21,676 ¥0 ¥416 ¥80 ¥336 5.06%
8月 ¥100,224 ¥22,100 ¥0 ¥414 ¥80 ¥334 4.95%
9月 ¥100,404 ¥38,820 ¥0 ¥479 ¥93 ¥386 5.62%
10月 ¥101,259 ¥30,145 ¥0 ¥345 ¥66 ¥279 4.18%
11月 ¥100,424 ¥835 ¥0 ¥426 ¥79 ¥347 4.95%
12月 ¥102,498 ¥15,926 ¥0 ¥551 ¥104 ¥447 6.67%
合計 ¥73,594(平均) ¥149,502 ¥0 ¥3,108 ¥591 ¥2,517 4.81%

 

運用実績 投資収益レポート 2018年(月次)

未償還金 償還金 貸倒金
為替差損
分配金(税引前) 源泉徴収税 収益(税引後) 利回り(年利)
1月 ¥102,661 ¥14,837 ¥0 ¥560 ¥106 ¥454 6.43%
2月 ¥99,599 ¥24,062 ¥0 ¥552 ¥104 ¥448 6.33%
3月 ¥103,654 ¥24,945 ¥0 ¥516 ¥97 ¥419 6.75%
4月 ¥103,384 ¥33,270 ¥0 ¥410 ¥76 ¥334 4.65%
5月 ¥103,768 ¥10,616 ¥0 ¥426 ¥81 ¥345 5.01%
6月 ¥96,457 ¥7,311 ¥0 ¥645 ¥122 ¥523 7.31%
7月 ¥103,258 ¥5,199 ¥0 ¥606 ¥114 ¥492 7.64%
8月 ¥105,595 ¥19,663 ¥0 ¥552 ¥104 ¥448 6.29%
9月 ¥97,506 ¥22,089 ¥0 ¥607 ¥113 ¥494 6.76%
10月 ¥87,940 ¥41,566 ¥0 ¥507 ¥93 ¥414 6.32%
11月 ¥103,668 ¥12,272 ¥0 ¥587 ¥108 ¥479 7.85%
12月 ¥107,620 ¥13,048 ¥0 ¥449 ¥79 ¥370 5.26%
合計 ¥101,259(平均) ¥228,878 ¥0 ¥6,417 ¥1,197 ¥5,220 6.38%

運用実績 投資収益レポート 2019年(月次)

未償還金 償還金 貸倒金
為替差損
分配金(税引前) 源泉徴収税 収益(税引後) 利回り(年利)
1月 ¥104,878 ¥2,742 ¥0 ¥582 ¥108 ¥474 6.36%
2月 ¥101,691 ¥20,187 ¥0 ¥629 ¥117 ¥512 7.06%
3月 ¥103,225 ¥42,466 ¥0 ¥571 ¥106 ¥465 7.31%
4月 ¥87,895 ¥40,330 ¥0 ¥542 ¥100 ¥442 6.18%
5月 ¥107,000 ¥1,895 ¥0 ¥488 ¥94 ¥394 6.75%
6月 ¥105,381 ¥22,619 ¥0 ¥514 ¥100 ¥414 5.65%
7月 ¥110,063 ¥28,318 ¥0 ¥571 ¥112 ¥459 6.59%
8月 ¥107,360 ¥14,703 ¥0 ¥511 ¥98 ¥413 5.46%
9月 ¥101,735 ¥5,625 ¥0 ¥419 ¥75 ¥344 4.59%
10月 ¥108,737 ¥12,998 ¥0 ¥596 ¥113 ¥483 7.12%
11月 ¥104,596 ¥22,141 ¥0 ¥526 ¥98 ¥428 5.69%
12月 ¥112,164 ¥20,432 ¥0 ¥500 ¥92 ¥408 5.81%
合計 ¥104,560(平均) ¥234,456 ¥0 ¥6,449 ¥1,213 ¥5,236 6.21%

※2019年8月に執筆し、2020年1月に更新した内容です。

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑

クラウドバンク(Crowd Bank)のメリット

メリット 1 過去一度もデフォルトなし。回収率100%

ソーシャルレンディング投資で一番気になるところがここですよね。

今後の元本割れがないと言い切れるわけではないですが、クラウドバンク過去に一度もデフォルトを起こしたことがないという実績があります。

 

私が運用を始める前の話で、回収できなかったわけではないですが、たった一度だけ2015年5月頃に最大4ヶ月遅延が発生していたようです。遅延はしたものの、元本割れはせずに利息込みで償還されました。

 

以降、遅延は発生していません。

それ以降、もし万が一遅延が発生した場合でもクラウドバンク側がちゃんと対応して投資金を回収しているからこその今の実績なんだと感じます。

 

他社さんでは元本割れや遅延のニュースが飛び交う中、クラウドバンクはこれだけの案件数や規模でそれ以降は遅延ですら起こさないという運営は心強いですね。

 

メリット 2 担保・保証付き案件が多い

投資家には安心感を与える「担保・保証」がついているファンドも多く取り扱っています。

 

担保・保証がついていれば、元本が回収できない時に、投資先の事業失敗で返済不可の場合でも、一部、または全額が投資家に返却される可能性があります。

 

もし担保・保証がついていない案件だと何も返ってきません、、、。

 

クラウドバンクは両方ついている案件や最低でも担保か保証はついているので安心です。他社の高利回り案件はその分担保や保証がないリスクが結構あるものが多いですね。

メリット 3 初心者でも使いやすいサイトデザイン

 

【クラウドバンク 運用実績】28カ月目 2017年3月~2019年7月 ※ソーシャルレンディングをやってみた感想

 

他社さんも徐々に良くなってきてはいるのですが、文字が読みにくかったり、ボタンがわかりにくかったりで、申し込む気がなくなるほどのサイトが多いです。

 

クラウドバンクトップページはもちろんのこと、かなり洗練されたカッコイイデザイン。

 

募集画面も「この商品に投資する」ボタンが申し込みね、「ファンド概要」タブで詳細が見れるのねとシンプルなページで一目瞭然でわかります。

 

ちなみに先程の資産状況のグラフもシンプルでわかり易いデザインだと思います。

 

 

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑

メリット 4 振込手数料無料の即時入金サービスがある

2019年12月、クラウドバンクがついに即時入金に対応しました!

 

最新情報

News

即時入金サービスを開始しました

2019年12月17日 掲載

融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」を提供する日本クラウド証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋村 純、以下:当社)は、お客様が振込手数料を負担することなく、出資金を即時に入金できる「即時入金」サービスを2019年12月17日より開始いたしました。

即時入金 通常振込
振込手数料 無料 お客様負担
マイページへの反映 24時間、原則即時 10時〜16時の間で1日4回
利用可能金融機関 こちらからご確認ください 全ての金融機関

実はクラウドバンクって、今までは振込手数料が掛かっていたんです。
その分投資金額が実質目減りしてたのがデメリットでした。
しかし、これで一般的な証券会社と同様に即時入金できるようになると、『振込手数料』というハードルが下がるため、

RYO
クラウドバンクで追加投資してみよっかな~
という気分に。
これは地味ですが、長期的にクラウドバンクで投資する人には大きなメリットになりますね。
参考までに、対応銀行の表を載せました。
例えば銀行だけでもこれだけ対応してます。メガバンクやネットバンクの名前も勢揃い。
大体の人は、この振込手数料無料の恩恵に預かれます!
※ここからは(若干長めの)対応銀行表を掲載しています。
表を飛ばしたい方は、次の項目:Crowd Bank(クラウドバンク)のデメリットへどうぞ。
(更新日時: 2019年12月16日時点)
銀行 個人口座でのご利用 法人口座でのご利用
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
青森銀行
秋田銀行
岩手銀行
足利銀行
大垣共立銀行
池田泉州銀行
阿波銀行
伊予銀行
大分銀行
沖縄銀行
愛知銀行
愛媛銀行
群馬銀行
きらぼし銀行
京都銀行
関西みらい銀行
紀陽銀行
鹿児島銀行
北九州銀行
北日本銀行
京葉銀行
香川銀行
熊本銀行
荘内銀行
七十七銀行
常陽銀行
静岡銀行
スルガ銀行
清水銀行
十六銀行
滋賀銀行
山陰合同銀行
四国銀行
佐賀銀行
十八銀行
親和銀行
静岡中央銀行
島根銀行
佐賀共栄銀行
東北銀行
東邦銀行
筑波銀行
千葉銀行
富山銀行
鳥取銀行
中国銀行
東和銀行
栃木銀行
東京スター銀行
富山第一銀行
中京銀行
第三銀行
トマト銀行
徳島銀行
南都銀行
西日本シティ銀行
長野銀行
名古屋銀行
長崎銀行
北海道銀行
北越銀行
八十二銀行
北陸銀行
北國銀行
福井銀行
百五銀行
広島銀行
百十四銀行
福岡銀行
肥後銀行
北洋銀行
東日本銀行
福邦銀行
福岡中央銀行
豊和銀行
みちのく銀行
武蔵野銀行
三重銀行
宮崎銀行
宮崎太陽銀行
南日本銀行
山形銀行
横浜銀行
山梨中央銀行
山口銀行
琉球銀行

メリット 5 クラウドバンクTwitterアカウントからファンド募集告知を開始

 

2020年6月17日追記

なんと!クラウドバンクTwitterアカウントから、ファンド募集告知を開始してくれるようです!

毎日ファンド募集をチェックできるわけではないのでこれはうれしい。

RYO
未投資期間ってもったいないので、募集開始の連絡がもらえるのはかなりのメリットですね。

 

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑

クラウドバンク(Crowd Bank)のデメリットとリスク

デメリット 1 貸し倒れリスク(元本割れリスク)がある

クラウドバンクだけのデメリットではないですが、貸し倒れリスクがあります。

 

もし貸し倒れが起きた時は、

 

  • ソーシャルレンディング事業者が返済を肩代わりしない
  • 貸し倒れリスクは全て投資家が追う

 

という前提の投資になりますのでご注意ください。

 

ただ、クラウドバンクについては、過去に一度も貸し倒れはありません。

その辺のリスクを天秤にかけての判断が必要です。

 

デメリット 2 ソーシャルレンディング事業者が破綻するリスクがある

同じくクラウドバンクだけのデメリットではないですが、もし投資中にソーシャルレンディング事業者自体が破綻した場合は、資金が戻ってくる可能性が100%とは限りません。

 

しかし、クラウドバンクは、SBI証券などの有名証券会社も持っている免許「第1種金融商品取引業者免許」を取得しています。

 

これはソーシャルレンディング業界では珍しいことで、他の事業者とは一線を画した印象です。

 

デメリット 3 投資期間中は資金が引き出せないリスク

投資期間中は資金を引き出すことができないです。

数カ月~1年くらいの案件までありますが、あくまで余剰資金で行いましょう!

 

【2020年6月】クラウドバンクで約3年ソーシャルレンディング投資をやってみた運用実績とメリットやデメリット【Crowd Bankは怪しいという噂は本当?】| まとめ

【クラウドバンク 運用実績】28カ月目 2017年3月~2019年7月 ※ソーシャルレンディングをやってみた感想

クラウドバンクでの投資を約3年経験している私だからこそ伝えられる、運用実績、ソーシャルレンディングの感想やメリット、デメリットは参考になりましたでしょうか?

 

 

もう一度見直したいところは下のリンクから戻って読めます。

 

 

 

 

クラウドバンクが怪しいと思いながらも気になる、使ってみたかったという方のお役に立てればうれしいです。

 

RYO
今後も運用実績を順次更新していきますので、定期的に見に来てくださいね!

 

口座開設の申込から
最短3営業日で投資開始できます!
↑ 無料で口座開設 &ネットで完結 ↑
口座維持費用や手数料は掛からないので、すぐに投資する必要もありませんのでご安心を。
ただ、これだ!という案件にすぐ飛びつけるために、無料登録で口座開設だけでも先にしておくのをおすすめします。
↓暮らしを豊かにしてくれる、投資信託やイデコ、ソーシャルレンディング、クラウドファンディング投資についての記事はこちら↓

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事