楽天ひかりを使ってみた!おすすめする理由とレビュー | 回線速度や契約から開通の流れを解説

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

 

先日、楽天ひかりを契約しました!

楽天ひかりの契約書類

 

実際に申し込みから開通、実際にインターネットを使ってみた結果…大満足でした!

 

 

そこで今回は

  • 楽天ひかりをおすすめする理由
  • 実際の回線速度
  • 使用している対応ルーターの紹介
  • 開通までの簡単な流れ

を徹底解説&レビューします!

 

 

自宅のインターネット契約を検討中で

  • 楽天ひかりってなに?
  • 工事費や月額金額は?
  • 実際の回線速度は大丈夫?
  • どのルーターが使えるの?
  • 最短でいつから開通できるの?

と楽天ひかりが気になっているというあなたには、かなり参考になるかと。

 

※ただ、特典適用まで時間がないので取り急ぎの記事UPしました。詳細情報や画像は順次追記します!

 

 

この記事がインターネット契約を検討している方のお役に立てれば幸いです。

 

 

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。
この記事の後さに読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

 

楽天ひかりをおすすめする理由

さっそく、実際に楽天ひかりを使っている私が、楽天ひかりをおすすめする理由を解説!

おすすめする理由を箇条書きします!

 

楽天ひかりをおすすめする理由
  • 月額基本料が1年無料で使える
  • 光回線の工事費も無料(キャンペーン時に限る)
  • 楽天SPUが+1倍になる
  • IPv6対応で高速&快適なインターネットが使える

 

 

これらのおすすめポイントをしっかり深堀りしていきます!

RYO
では、いってみましょう!

 

【おすすめ 1】月額基本料が1年無料で使える(楽天モバイル契約しているだけで)

 

楽天ひかりは、

  • 月額基本料が1年無料で使える

というのが最大のおすすめしたいポイントです。

 

なんと、

戸建て(ファミリープラン)なら、

月額基本料1年間:33,880円(税込) → 0円!

 

集合住宅(マンションプラン)でも、

月額基本料1年間:21,780円(税込) → 0円!

 

と、他社の追随を許さないほどかなりお得です。

 

 

この超お得な特典を受けるには、

  • すでに楽天モバイルを契約している
  • 楽天ひかり申し込みの翌月15日までに楽天モバイルを新規申し込みする

というどちらかのたったこれだけの条件を満たすだけです。

 

 

 

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵについて簡単に説明すると…

 

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅵはあまりにも有名だと思うので詳細は割愛しますが、

  • 段階式の価格設定で使った分だけ支払えるシンプルプラン
  • 無制限に使っても月額3,278円(税込)
  • 使わなければ1GB未満で無料。無料通話専用としてずっと持ってても損しない。
という神プラン。
※20220514追記
楽天から、楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT Ⅶが発表されてしまいましたね…。
詳細は下記記事で解説しています。

RYO
楽天ひかりを1年無料にするために契約したとしても、1GB未満の使用なら3か月後以降もずーっとO円で使えるので契約しない理由はないです。

 

 

 

尚、2年目以降は、

戸建て(ファミリープラン)なら、

月額基本料:5,280円(税込)

 

集合住宅(マンションプラン)でも、

月額基本料:4,180円(税込)

 

となります。

 

おそらく他社でもっと安いプランはあるかもしれませんが、1年無料の恩恵はかなり大きいです。

しかも、後述する楽天SPUの+1倍なども含めると、家計のトータルコストは最安になると思います。

 

 

私は既に楽天モバイルを契約していたので、
月額基本料1年間:21,780円(税込) → 0円!

で楽天ひかりを利用しています。

 

 

※ここまで聞いて楽天モバイルに契約しない人はいないかと思いますが…

参考までに、楽天ひかりのみの申し込みでも1年目の月額基本料の割引があるので安心です。

 

戸建て(ファミリープラン)なら、

月額基本料:5,280円(税込) → 3,080円(税込)!

 

集合住宅(マンションプラン)でも、

月額基本料1年間:4,180円(税込) → 1,980円(税込)!

 

です。

 

 

その他詳細は公式HPも見てみてください。

 

 

 

 

 

【おすすめ 2】光回線の工事費も無料(キャンペーン時に限る)

楽天ひかりは、

  • 光回線の工事費も無料

というのも素晴らしい。

 

 

※上記は2021年12月28日までのキャンペーンとなります。今後もしかしたら同様のキャンペーンがあるかもしれません!

 

※2022年3月更新

4月5日まで工事費無料のキャンペーンがはじまりました!今がチャンスですね。

 

今まで1年無料は知っていたのですが、工事費がネックで二の足を踏んでいました。

でも、今回の工事費無料のキャンペーンを11月に知った直後に契約を決意しました(笑)

 

戸建て(ファミリープラン)なら、

標準工事費:19,800円(税込) → 0円!

 

集合住宅(マンションプラン)でも、

標準工事費:16,500円(税込) → 0円!

 

になってかなりお得。

 

 

 

この超お得な特典を受けるには、

  • 2021年12月28日までに楽天ひかりの申し込みをする

 

たったこれだけ。

検討中の方はお早めに。

 

 

工事費無料にするには、申し込み月の翌月以降に工事日を設定する必要があります。ココだけは注意してください!私は11月末に申し込みして、12月に工事日を設定したので対象になっています。

 

 

 

※ただし、初期費用として

・フレッツ光のご利用がない方:880円

・他社ひかりコラボをご利用中の方(事業者変更):1,980円

・フレッツ光をご利用の方(転用):1,980円

は発生します。

 

 

※標準工事費は無料ですが、日時指定の場合は別途加算・割増工事費が発生します。

 

 

RYO
私は自分の都合で土日午前指定したので3,000円加算。
それでも最大16,500円が無料になったのでかなりお得でした。

 

※2022年3月更新

4月5日まで工事費無料のキャンペーンがはじまりました!今がチャンスですね。

 

主に注意するポイントはお伝えしていますが、その他詳細は公式HPをみてください。

 

 

 

【おすすめ 3】楽天SPUが+1倍になる(楽天モバイルもあわせると+2倍)

楽天ひかりは、

  • 楽天SPUが+1倍になる

というのも魅力的。

 

しかも、楽天モバイルも契約すればさらに+1倍。

合計 +2倍

になります。

 

 

※ご存知かと思いますが、楽天SPUは楽天スーパーポイントアッププログラムのことで、

●倍 = ●%ポイント

がもらえるというお得なシステムです。

 

 

例えば、楽天市場で月10万円買い物する場合を想定すると、年間120万円の買い物に。
楽天ひかりと楽天モバイルを契約したことでの年間獲得ポイントは…
・楽天ひかり+1倍分 12,000ポイント
・楽天モバイル+1倍分 12,000ポイント
→計24,000ポイント
になります。
そもそも1年無料+工事費無料でかなりお得ではありますが、
仮に楽天ひかりの月額基本料が他社と比べて若干高かったとしても、
このポイント還元を考えれば家計のトータルコストが下がる可能性があるという理由はここにあります。
私は現在、楽天SPU8倍!
楽天SPU 8倍
※楽天会員、楽天モバイル、楽天ひかり、楽天カード、楽天銀行+楽天カード、楽天証券、楽天市場アプリ、楽天ブックスの合計で8倍
単純に8倍で先程の年間120万円で年間獲得ポイントを計算すると…
計96,000ポイント
になります。
でも、単純計算以上にお得になってしまうのが楽天。
年に4回の楽天スーパーセールやショップ買い回りで20倍にしたりといろんなキャンペーンを駆使して、
2021年の1年間だけで約130,000ポイントを獲得しています。
楽天ポイントの通算獲得ポイント数
※2004年からの累計で約620,000ポイントになりました!
試しに、ここまでの特典でお得になる最大金額を計算すると…
月額基本料:33,880円(戸建ての場合)
標準工事費:19,800円(戸建ての場合)
楽天ポイント:24,000円相当(楽天市場で月10万円、年間120万円の場合の2%分)
合計:77,680円相当
になりますね。
※具体的な金額はご自分の状況に合わせて計算してみてください。

RYO
私は楽天経済圏にどっぷりつかっています(笑)

 

 

 

【おすすめ 4】IPv6対応で高速&快適なインターネットが使える

楽天ひかりは、

  • 次世代規格IPv6で高速&快適なインターネットが使える

というのもうれしいポイント。

 

 

IPv6については、楽天ひかり公式HPに記載されています。

インターネットでデータをやりとりするために「IP(インターネットプロトコル)」というルール(規格)が定められています。
インターネットの利用者や接続機器の増加に伴い、従来の規格「IPv4」に変わって新たに登場したのが次世代規格「IPv6」です。
IPv6に対応した通信方式を利用することで、回線の混雑を避けることができます。

 

 

まぁ細かいことはさておき、消費者側の大きなメリットとしては、

  • 混雑しないから、ピークタイムや都市エリアでも速い
  • 国内どこでも最大1Gbpsの高速通信
  • ルーターの設定がシンプル

ということなんです。

 

 

最大1Gbpsについては、あくまで最大というのはわかっていますが、

実際使っている立場としては、一言物申したいところはあります(笑)

後ほど実際の回線速度をレビューしますのでお楽しみに。

 

RYO
とはいっても、速くて設定が簡単な楽天ひかり。
全然問題なく使えています。
IPv6の詳細については、公式HPに記載されています。
スポンサーリンク

自宅での実際の楽天ひかりの回線速度

では、楽天ひかりの実際の回線速度をレビューします!

 

  • スマホ・PC共に、平均200-400Mbps(Wi-Fi使用)

でした。

 

楽天ひかりのインターネット回線の速度

 

 

神奈川県の中でも東京寄りのとある住宅街ですが、さすがに最大1Gbpsはでないです(笑)

 

 

でも、4K動画を快適に視聴できる速度が20Mbpsといわれているようなので、

普通にインターネットやSNS、動画見る分には、200-300Mpbsでも全く問題ないです。

 

 

しかも今まで使っていたWi-MAXのポケットWi-Fiが10-20Mpbsだったので、

それに比べると10-15倍速くなり、本当に快適になりました。

 

 

RYO
YouTubeのスマホ柄のオフライン保存も爆速でうれしい限り。

楽天ひかり対応のルーターの紹介

それでは、私が使用している楽天ひかり対応のルーターとその他対応ルーターを紹介します!

私が使用している楽天ひかり対応ルーター:TP-Link AX55

TP-Link AX55のパッケージ

 

TP-Link AX55本体 正面

 

2021年12月中旬に発売したばかりのTP-Link Archer AX55です。

楽天ひかりのIPv6に対応している新製品。

次世代Wi-Fi 6なので早くて快適ですよ。

 

 

Wi-Fi 6については、約120秒の動画で解説しています。

 

 

 

 

 

モデムと接続して、ブラウザやスマホアプリで簡単な設定をするだけで、開通直後にすぐに使えました!

 

 

 

あと、USB3.0ポートに外付けハードディスクにつなげると、

PCやスマホのデータをWi-Fiを通じて簡単にファイルの保存や閲覧ができるのもかなり便利。

TP-Link AX55とHDDとの接続

 

TP-Link AX55とHDDとのコード接続

 

外付けハードディスクはこちら

TP-LinkのArcher AX55の徹底レビューはこちら

 

その他の楽天ひかり対応ルーター

私が使ったもの以外の対応ルーターもご紹介します。

 

■接続するだけで利用できるルーター(一部)
■利用前に設定が必要なルーター(一部)
※公式HPには、これら以外のその他多数のルーターが掲載されています。

楽天ひかり開通までの簡単な流れ(申込 / 契約 / 工事 / 開通)

楽天ひかりの契約書類

私が実際に楽天ひかりの申し込みから開通までにどのような流れだったかを簡単にご紹介します。

 

 

公式HP掲載の最短開通日の表より早く開通できました。
今後申し込みする方の参考になれば!
■申込日:
2021年11月28日(日)
■工事日のお知らせの連絡日:
2021年11月30日(火)
→この電話で最短工事日のお知らせがきました。
12月13日(月)以降でとのことだったが、土日しか予定が合わないため、12月18日(土)の午前指定に。
■契約日:
2021年12月2日(木)
■工事日:
2021年12月18日(土)午前
→工事時間は11時からスタートし、12時に完了。すぐにインターネット開通

楽天ひかりを使ってみた!おすすめする理由とレビュー | 回線速度や契約から開通の流れを解説 | まとめ

取り急ぎ本質だけをさくっとまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

 

もし気になることや聞きたいことがありましたら、下のコメント欄かお問い合わせでお気軽にコメントください!

RYO
本当に快適&最安な光回線でおすすめです!

 

 

TP-LinkのArcher AX55の徹底レビューはこちら

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事