【TCL PLEX レビュー】2万円台でハイスペックのコスパ最強スマホ!

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

 

最近、今まで使っていたスマホが調子悪くなってきたので、TCL PLEXを購入しました!

 

ということで、まだ買って使って間もないので、簡単なレビューとおすすめポイントを厳選して紹介!

iPhone、Androidスマホを今まで5台以上使ってきた私の視点で、このTCL PLEXならではのおすすめポイントから悪いところまで簡単にレビューしました。

 

  • そもそもTCLってメーカー知らないんだけど?
  • 2万円台って本当にちゃんと動くの?

 

と気になっている方には是非この記事を読んでほしいです。

パッケージから付属品、デザイン、機能性など、圧倒的な写真数でこのTCL PLEXを紹介していきます。

 

 

  • とにかくリーズナブル!
  • 高級スマホのようにサクサク動く!

というスマホが欲しい人におすすめ。

 

 

まずは、TCL PLEXの私視点のおすすめポイントをピックアップ。

主なおすすめポイント
  • 高級スマホに負けないハイスペックで2万円台!コスパ最強スマホ
  • オーロラのような美しいボディ
  • テレビ技術が凝縮されたきれいなディスプレイ
  • トリプルカメラ搭載(メイン、超広角、低光量ビデオ)
  • スーパーBluetoothで4台同時接続できる
  • カスタムキーがかなり便利。よく使う機能を割り当ててられる!

 

実はこれ以外にもおすすめポイントがあるのですが、この主なおすすめポイントを中心に深堀りしていきます!

今後、さらに使い込んで気づいたおすすめポイントは順次更新していく予定です。

 

この記事がTCL PLEXを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

 

 

※あまりにもおすすめポイントが多いので、長く感じる方は読み飛ばしたり、タップできる目次から読みたい部分から読んでみてくださいね。

 

 

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。

この記事の後に読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。
スポンサーリンク

そもそもTCLとは?

TCLのロゴ

 

恥ずかしながら今回初めて知ったメーカーブランドだったので、会社概要を見てみました。

 

TCLは、中国発世界屈指の総合家電製品メーカーです。

 

TCLの社名は、「The Creative Life」の英語頭文字を組合せして作ったものであり、日々のイノベーションにより、お客様方の「クリエイティブライフ」を支える商品を提供し続けることに創業以来心がけております。

 

TCLグループは、世界で約75,000名の従業員と、23の研究機関および21の製造工場を擁し、年商を1兆8千億円(2017年)、160カ国と地域にビジネスを展開しているコンシューマエレクトロニクスグルーバル企業です。

液晶テレビは年間2,300万台を生産し、世界各地へと販売しております。

 

ネットワーク動画再生技術および、TCLグループ内製の液晶パネルの先端技術を活かした高品質の液晶テレビをお客様へお届けしております。

また、液晶テレビを販売供給するにあたり、万全なる品質管理と充実したアフターサービスを最大の目標としてあげております。

 

今後も日々製品の品質向上に努めて参りますので、弊社製品を末永くご愛顧くださいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

TCL

 

 

あと、いろいろ調べたところ、

・液晶テレビ販売台数世界2位の中国の総合家電メーカー
・AlcatelBlackBerryやPalmなどの他社ブランドのスマホを作っていた

というメーカーのようです。

 

RYO
テレビとスマホを今まで作ってきたメーカーということで、安心して買えました!

TCL PLEXは高級スマホに負けないハイスペックで2万円台!コスパ最強スマホ

 

TCL PLEXは、なんと
  • 定価29,800円(税込)

と、ギリギリ2万円台で買えるスマホです。

 

これより安いスマホもあるかと思いますが、安かろう悪かろうじゃ意味がない。

 

そんな中、TCL PLEXは2万円台なのに、高級スマホに負けないハイスペック。かなりコスパが高いです。

 

まずはスペックを見てみましょう!

 

TCL PLEXのスペック + ライトユーザーの評価

私の普段の使い方を基準に、TCL PLEXのスペック表を見ながら個人的な評価をしてみました。

 

参考までに、私の普段の使い方やスマホへの考え方をざっと箇条書き。

 

  • ゲーム:一切やらない
  • インターネット:Google chromeを使用
  • 買い物:Amazon、楽天、Yショッピングなどのアプリを使用
  • SNS投稿&閲覧:Twitter、Instagramなどを使用
  • 動画:YouTubeでの流し見、流し聴きのみ(画質にそこまでこだわりはない)
  • 写真:スナップ程度(ここぞという時はミラーレス一眼を使用する)
  • スマホへの考え方:2年ごとに極力リーズナブルなスマホに乗り換えを前提(バッテリー消耗や落下破損を想定)

 

といった、私のようなライトユーザーには、特に不満点は少なくておすすめできるスマホです。

(ゲームをかなりやりこんでいる、サブスク動画を高画質で観ているというヘビーユーザーには、高級スマホがベターかと思います。)

 

※下の表は左右にスクロールできます。

※詳細欄の右側に、ライトユーザーとしての個人的な評価が書いてあります。

 

項目 詳細 ライトユーザーとしての個人的な評価
発売日 2019年12月28日
価格(定価) 29,800円(なんと税込!) ★★★★★

このスペックでこの価格はあり得ない、、、

OS Android 9.0ベースのTCL PLEX UI

Android 10にアップデート可能

★★★★☆

Zenfoneからの乗り換えですが、違和感なく結構使いやすいです。

CPU Qualcomm® Snapdragon™️ 675

オクタコア CPU

★★★★★

ミドルクラスでは最高レベル。

新CPUはライバル的機種・Oppo Reno Aよりもスペック上、性能が高い&安い!

SIM Dual SIM(nano-SIM)

※microSD利用時はSingle SIMでの利用

データ通信と通話は、格安SIMの楽天モバイルを使っています。

全く問題なく使えています。

外部ストレージ microSDXC(256GB) ★★★★☆

256GBまで外付けできれば十分すぎますね。

参考までに、サンディスク microSD 128GB UHS-I Class10を購入し、正常に使えました!

サイズ 162.2×76.56×7.99mm ★★★☆☆

男の手でも結構でかい。その分大画面で動画が見れるのでトレードオフか。

重量 192g ★★★☆☆

画面が大きい分若干重いかな~くらい。

セキュリティ(生体認証) 指紋認証(背面に設置)、顔認証 ★★★★★

反応が速い!特に顔認証は正面以外でもさっと反応してくれてうれしい。

ディスプレイ 6.53インチ

フルHD+(2340x1080ドット)

比率19.5:9、395ppi

★★★★★

テレビメーカーのスマホだけあって、きれい。

パネル 液晶ディスプレイ、画面占有率90%

色調調整

読書モード

66%ブルーライト軽減

★★★★☆

ブルーライト軽減はかなり目に優しい。常にその設定にしています。

ストレージ 128GB ROM(ユーザー領域:109GB)
対応MicroSD card:最大256GB
★★★★★

2万円台で内部ストレージ128GBってすごすぎ。

高級スマホでもこのストレージはなかなかないのでは?

雑誌読み放題の楽天マガジンも容量気にせず安心して使っています。

 

>愛用の楽天マガジン徹底レビュー記事

RAM 6GB RAM ★★★★★

高級スマホ同等のRAM6GB。前の機種よりサクサク動きます。

Wi-Fi Wi-Fi: 802.11 b/g/n (2.4GHz), 802.11 a/n/ac (5GHz)

Wi-Fi Direct

Wi-Fi display

Wi-FiはWiMAX2を使っています。全く問題なく使えています。

GMOとくとくBB WiMAX2+月額2,170円(税抜)~

 

>このWiMAX2、アレクサ、家電リモコンを駆使してスマートホーム化の解説記事

Bluetooth Bluetooth 5.0 ★★★★★

最新のBluetooth規格。

いろんなワイヤレスイヤホン使ってますが、音飛びしないです。

>おすすめワイヤレスイヤホンの徹底レビュー記事

 

スマートウォッチも接続できて、スマホ通知もちゃんときます。

>電池が20日間持つおすすめスマートウォッチの徹底レビュー記事

 

GPS 内蔵
3.5mmヘッドホンジャック 搭載 ★★★★★

ハイレゾ音源を聴くこともあるので、有線イヤホンが使えるのもうれしい。

 

>愛用のおすすめ有線ハイレゾイヤホンの徹底レビュー記事

背面/アウトカメラ 4800万画素 ソニー製センサー (標準)

1600万画素 123° (広角)

200万画素 (低照度カメラ、1080p低光量ビデオ撮影向け)

★★★★★

安心のソニー製センサー!すごくきれい。

後述するトリプルカメラは使いやすいです。

正面/インカメラ 2400万画素 ★★★★★

インカメラでも高画素!

AI機能 撮影モードの自動選択

オートズーム・自動追随機能

動画性能 4K

HD 960fps

(32倍HDスローモーション)

カメラ機能 夜間モード

スタビライザー(ブレ防止機能)

デュアルトーンLEDフラッシュ

バッテリー 3820mAh, 9V2A

急速充電対応(Quick Charge 3.0)
32分で50%充電

※掲載データはTCLラボテストの結果に基づくデータです。

★★★★☆

高級スマホ同等。

電池は1日は余裕で持ちます。通常使用 + YouTubeを2~3時間観るくらい。

就寝時に30-40%くらいで充電してます。充電はかなり早い。

対応周波数帯/対応SIM 2G:2/3/5/8
3G:1/2/5/6/8/9/19
4G:1/3/5/7/8/19/20/28/38/40

※Docomo、SoftBank回線SIMに対応

データ通信と通話は、格安SIMの楽天モバイルを使っています。

全く問題なく使えています。

付属品 専用クリアケース

USB Type-C充電ケーブル

USBアダプター

SIMトレー取り出しピン

★★★★★

専用クリアケース付属と保護フィルム貼付済はうれしかった!

日本語マニュアル TCL PLEX日本語マニュアルPDFダウンロード  
保証 正規代理店としての充実のサポート
1年間の端末保障(端末ご購入日より起算)
コールセンター

 

※参考までに、

・データ通信と通話:格安SIMの楽天モバイル

・Wi-Fi:WiMAX2

を使っています。全く問題なく使えています。

 

 

※ちなみに、弟はワイモバイルを使っているみたいですが、こちらも安くて使いやすいようです。

ワイモバイルオンラインストア

 

 

このTCL PLEX、WiMAX2、アレクサ、家電リモコンを使ってスマートホーム化しています。

>スマートホーム徹底レビュー記事

 

【楽天モバイル】

 

 

※ちなみに、弟はワイモバイルを使っているみたいですが、こちらも安くて使いやすいようです。

ワイモバイルオンラインストア

 

 

GMOとくとくBB WiMAX2+月額2,170円(税抜)~

 

 

TCL PLEXのうれしい付属品

TCL PLEXのパッケージ1

まずはパッケージ。真っ白で高級感が漂っています。

TCL PLEXのパッケージ2

DISPLAY GREATNESS。ディスプレイの美しさへの自信が表れています。

買って届いてから気付いたのですが、、、。
いつも別買いしていた、専用保護フィルムや専用クリアケースがついているのはかなりうれしかった!

 

 

TCL PLEX本体とクリアケース

専用クリアケースが付属されていました!

 

専用保護フィルムも付属。しかも既に画面に貼ってあってびっくり!

専用保護フィルムも付属。しかも既に画面に貼ってあってびっくり!

インカメラもしっかり避けています。

インカメラもしっかり避けています。

付属品

・TCL PLEX 本体

・専用クリアケース

・専用保護フィルム(既に本体に貼付済!)

・USB-C 充電ケーブル

・USBアダプター

・SIMトレー取り出しピン

 

※参考までに、別売りの対応フィルムとケースはこちらです。

TCL PLEXのおすすめポイント

下の動画を見れば、TCL PLEXのコンセプト、デザイン、機能性がざっとわかります!

30秒とかなりコンパクトにまとまっていますので、是非ご覧ください。

 

 

ここからは10台以上のスマホを使ってきたライトユーザーの視点で、このTCL PLEXならではのおすすめポイントをあげると、こんな感じです!
※タップして好きなところから見てもらっても大丈夫です。
  • オーロラのような美しいボディ
  • テレビ技術が凝縮されたきれいなディスプレイ
  • トリプルカメラ搭載(メイン、超広角、低光量ビデオ)
  • スーパーBluetoothで4台同時接続できる
  • カスタムキー搭載!よく使う機能を割り当ててられて便利。

 

これらのおすすめポイントはもちろん、悪いところまでレビューしていきますね。

 

オーロラのような美しいデザイン

オーロラのような美しいデザイン

 

TCL PLEXのオーロラのようなボディに魅了されてしまいました、、、。

 

この美しさをお伝えしたく、思わず動画にしてみました(笑)

見る角度によって表情を変えてくれるので、見ていて飽きません。

 

RYO
これが2万円台のスマホ!?って感じです。

 

30秒とコンパクトにまとめましたので、是非このボディの美しさをご堪能ください。

 

しつこいかもしれませんが、写真でもこのオーロラボディの美しさ、お楽しみください(笑)
オーロラのような美しいデザイン2
オーロラのような美しいデザイン3

テレビ技術が凝縮されたきれいなディスプレイ

テレビメーカーだけあって、ディスプレイはかなりきれい。

しかも、有名どころのスマホの中でも、群を抜いてリアルな色を表現しているんです。

 

リアルな色を再現

1以下の△E、これは、実際の色とディスプレイ上の色との間に知覚可能な差がないことを示し、今までになくリアルな色を表示できます。

 

テレビ技術が凝縮されたきれいなディスプレイ

 

Model △E (average)
PLEX <1**
iPhone XS Max 1.9
Samsung Galaxy S10+ 1.9
OnePlus 7 Pro 2.2
Xiaomi Mix 3 2.3
OPPO Find X 2.6

**デルタEは、2つの知覚される色の違いについて人間の視覚的判断を相関させる標準的な計算基準です。
*掲載データはTCLラボテストの結果に基づくデータです。

 

RYO
たかだか2万円台のスマホが、iPhoneやGalaxyのような高級スマホよりも本当の色を表現しているって、、、単純にすごいですよね。

 

トリプルカメラ搭載(メイン、超広角、低光量ビデオ)

トリプルカメラ搭載(メイン、超広角、低光量ビデオ)

  • メインカメラ
  • 超広角カメラ
  • 低光量ビデオ撮影カメラ
を搭載しています。

 

どのカメラを使うかを事前にプレビューで見れる機能も使いやすいです。

※上から、オリジナル(メインカメラ)、ウルトラワイド(超広角カメラ)、低照度の動画(低光量ビデオ撮影カメラ)

 

どのカメラを使うかを事前にプレビューで見れる機能

 

メインカメラと超広角カメラの比較

超広角カメラを使うと、なんと視野がメインカメラの4倍になります!

 

実際に近所のある花を撮影していました。

 

■メインカメラ

メインカメラの画像

 

■超広角カメラ

超広角カメラの画像

 

 

※低光量ビデオカメラは後日試してみます。

 

 

メインカメラのズーム比較

メインカメラは細かく刻んで10倍までズームできます。

参考までに、ズーム1倍、2倍、10倍で撮ってみました。

 

■メインカメラ ズーム1倍

メインカメラ ズーム1倍の画像

 

■メインカメラ ズーム2倍

メインカメラ ズーム2倍の画像

 

■メインカメラ ズーム10倍

メインカメラ ズーム10倍の画像

 

10倍は厳しいものの、2倍ズームしても結構きれいかも。

 

 

メインカメラの通常画質(12M)と高画質(48M)の比較

メインカメラで高画質モードでも撮ってみました。

 

■メインカメラ 通常画質(12M)

メインカメラ 通常画質 12Mの画像

 

■メインカメラ 高画質(48M)

メインカメラ 高画質 48Mの画像

 

 

画質良くなっているんだろうけど、正直スマホ画面で見る分にはほぼ変わらない印象。

ここぞ!というとき以外は、データ容量抑えるためにも通常モードを使おうかなと。

 

 

オートズーム・自動追随機能

TCL PLEXは、AIが自動で被写体に追随してズーム処理してくれるんです。

さらにスタビライザーが機能して、安定した動画を撮影できるのが魅力です。

 

スーパーBluetoothで4台同時接続できる

スーパーBluetoothという機能がすごい。
例えば、同じ曲を、
・複数のスピーカーで音を出して臨場感を出す
・複数のイヤホンを接続して、複数人で同じ曲を聴く
ということができます。
ちなみに、私が持っているBluetoothワイヤレスイヤホン4つを使って実験してみたところ、見事に同時接続できました(笑)

カスタムキーがかなり便利!よく使う機能を割り当てられる!

    本体左側に、カスタムキーというボタンがあります。これがかなり便利なんですよね。
    カスタムキー
    押す回数や長押しに良く使う機能を割り当てることで、かなり使い勝手が良くなります。
    私は、
    ■シングルプレス:
    画面分割
    ■ダブルプレス:
    オールインワン電卓
    ■長押し:
    スクリーンショット
    に設定しています。
    TCL PLEXのスマートキー
    人によって良く使う機能は違うと思います。
    アプリやカメラ、その他細かいところまで、あらゆる機能を割り当てられるおすすめの機能です。
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容1
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容2
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容3
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容4
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容5
    TCL PLEXのスマートキー割り当て内容6
    こんなに割り当てられます!おすすめの機能です。

    TCL PLEXのデメリット

    カメラ音がでかすぎ →アップデートで解決!

    他の方のレビューでも結構この件が取り上げられていたのですが、2020年3月のアップデートである程度解決しました!
    アップデート内容はスクショにて。
    TCL PLEXのアップデート内容1
    TCL PLEXのアップデート内容2
    確かにかなり音が大きくて困ってたので本当によかった。
    それでも気になる方は、カメラの無音化アプリを使うのが根本的な解決になります。

    通知ランプがない →慣れたら気にならなくなった

    実は通知ランプがないんです、、、。通知と充電のランプがないということになります。
    最初は違和感がありましたが、慣れてくるとなくてもそこまで気にならなくなりました。

    防水防塵がない →あったらいいけど、個人的になくてもよい

    防水防塵はあったらいいけど、その分価格が上がることを考えると、個人的にはなくても良いかなと。

    おサイフケータイは非対応 →元々使ってないので、個人的にはなくてもよい

    おサイフケータイも元々使ってなかったので、その分価格上がることを考えると、個人的になくても良いかなと。

    TCL PLEXの口コミ

    私だけの主観だけだと説得力がないと思いますので、TCL PLEXの口コミをまとめてみました。

    今まで使ったどのスマホより驚くべきカメラ性能。

    ・4800万画素の画像、自動でAIが判断して室内での撮影でも鮮明に撮影してくれる。

    ・野外ではもちろんその能力がより発揮され、限りなく自然に近い色で撮れる。10m位離れたところにいた小鳥が飛び立つ瞬間がとれたが、トリミングしてみると鮮明に映っていた。

    ・この性能でこの価格信じられない。

    クリスマスの25日に自分へのプレゼントとして注文、迅速な対応で27日に届き28日の忘年会に間に合った。

    ・今まで使っていたmate9よりはるかに画像がいい。とてもリアルに撮れる。

    ・木の質感、着ている服の質感、持っているバッグの質感など違いがこれほど表現できるとは驚き。

    ・忘年会の室内の写真はAIが自動で判断、やや暖色になるが明るく撮れ今までのスマホより格段にいい。

    ・指で拡大しても顔のしわが鮮明にわかる解像度。10Mほど先の小鳥が飛び立つ瞬間を撮影、トリミングして拡大したが鮮明に撮れていた。

    ・古いスマホからのメッセージなどの転送もアプリが付属しており転送できた。

    ・レスポンスもよく、今までのスマホより格段に滑らかでいい。10万円もするスマホと同等以上の仕様なのは驚き。

    ・価格を考慮すれば素晴らしい製品。

    ・星3個の理由は、到着後直に付属の充電器で充電したが、低速充電中と表示され半日充電しても40%くらいしか充電されなかった。

    ・何度か充電器やケーブルを抜き差ししていたら高速充電中となり、満充電された。でも、高速充電でも さほど充電は早くないような気がする。

    ・本体が悪いのか充電器が悪いのか?それともこれは仕様?だから、星は3個にしました。

    ・でも気に入っている(笑)

    動作良好。電池持ちも良し。カメラもいい。コスパ最高。

    ・付属のケースは疑問。滑りやすい。穴を開けてストラップを付けている。

    ・ケースの選択肢が少ないのが欠点。

     

    【TCL PLEX レビュー】2万円台でハイスペックのコスパ最強スマホ! | まとめ

    【TCL PLEX レビュー】2万円台でハイスペックのコスパ最強スマホ

     

    TCL PLEXの良いところ、悪いところを簡単にまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

     

     

     

    • とにかくリーズナブル!
    • 高級スマホのようにサクサク動く!

     

    というスマホが欲しい人で、

     

    • ゲーム:一切やらない
    • インターネット:Google chromeを使用
    • 買い物:Amazon、楽天、Yショッピングなどのアプリを使用
    • SNS投稿&閲覧:Twitter、Instagramなどを使用
    • 動画:YouTubeでの流し見、流し聴きのみ(画質にそこまでこだわりはない)
    • 写真:スナップ程度(ここぞという時はミラーレス一眼を使用する)
    • スマホへの考え方:2年ごとに極力リーズナブルなスマホに乗り換えを前提(バッテリー消耗や落下破損を想定)

     

    といった、私のようなライトユーザーには、特に不満点は少なくておすすめできるスマホです。

    (ゲームをかなりやる、サブスク動画を高画質で観るという、ヘビーユーザーには高級スマホがベターかと思います。)

    RYO
    高級スマホに引けを取らない、デザインや機能性で2万円台とは、、、驚きです。

     

     

     

    この記事がTCL PLEXを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

     

     

     

    ↓↓このTCL PLEX、WiMAX2、アレクサ、家電リモコンを使って、スマートホーム化しています↓↓

    >スマートホーム徹底レビュー記事

     

     

    ↓↓TCL PLEXは大容量のストレージ。雑誌読み放題の楽天マガジンも容量気にせず安心して使っています↓↓

    >愛用の楽天マガジン徹底レビュー記事

     

     

    ↓↓TCL PLEXは最新のBluetooth規格。ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチとの連携もスムーズです↓↓

    >おすすめワイヤレスイヤホンの徹底レビュー記事

     

    >電池が20日間持つおすすめスマートウォッチの徹底レビュー記事

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事