【おすすめの自転車用品】トピークの携帯空気入れ・Peak DX 2の徹底レビュー

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

 

今回は、自転車で外出時用の空気入れ・トピーク Peak DX 2をレビューします。

 

私は、平日は通勤で往復1時間、そして休日とほぼ毎日、スコットのクロスバイク SCOTT SUB CROSS J1 に乗っています。

【マットブラックのフレーム】がとにかくカッコイイ!

自転車通勤時に、いつかはやってしまうパンク。
実は私も何度もやってます。
そんな時にこんな問題が。

 

  • 通勤時間にパンクしても自転車店は開店してない…
  • 途中でパンクして自転車押して歩くと1時間かかってしまう…
  • かといって、パンク修理をその場でする時間もない…

と悩みが尽きない日々が続いていました。

途中でパンクした時に、せめて会社までのつなぎで乗るために空気を入れて乗りたい、、、
ということで、ついに携帯用のミニポンプ・トピーク Peak DX 2を買いました!

 

トピーク Peak DX 2は、

  • 外出先でさっと空気を入れたい人
  • コンパクトサイズの空気入れがほしい人
  • 空気入れを自転車につけっぱなしにしたい人

にかなりおすすめします!

 

パッケージから付属品、使用方法など、圧倒的な写真数でレビューします。

 

 

簡単にトピーク Peak DX 2の主なおすすめポイントをピックアップ。

主なおすすめポイント
  • 軽量&スリムでカバンに入れておける
  • 米式/仏式バルブの両方で使えて便利
  • T字ハンドルで空気が入れやすい
  • 自転車に取り付けておける
  • ホコリ防止のキャップ付きで長く使える
  • 3色から選べる

 

 

実はこれ以外にもおすすめポイントがあるのですが、ひとまずこの主なおすすめポイントから抜粋して、しっかり深堀りしていきます!

 

この記事がミニポンプを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

 

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。
この記事の後に読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

私がおすすめする自転車用品のまとめはこちら!

 

 

※参考までに、私が毎日自転車通勤しているクロスバイクの徹底レビューはこちら

 

※私は国内最大級のスポーツ自転車専門店・ワイズロードSCOTT SUB CROSS J1を購入しました!

 

スコットのクロスバイク SCOTT SUB CROSS J1のレビュー【ミニベロロード歴10年の30代男が語る】

ワイズロードでは、キャノンデール、コルナゴ、ビアンキ、トレック、メリダなど国内随一のブランドが見れます。

 

 

 

※もっとリーズナブルなクロスバイク、ロードバイクを探している方は、自転車通販売上No.1のcyma(サイマ)がおすすめです。

ブリジストン、ヤマハ、ルノー、ハマーなど、デザイン性が高いさまざまなブランドも取り揃えていますので興味があれば見てみてください。

 

 

【おすすめの自転車用品】トピークの携帯空気入れ・Peak DX 2を使ってみたレビューや口コミ。米仏式対応のT型ハンドルで力が入るポータブルポンプ。【TOPEAK】

まずはパッケージから見ていきましょう!

パッケージ

パッケージはこんな感じ。
まずは付属品はこちら。
付属品
フレーム装着用クランプ
次に簡単にパッケージを見てみましょう!
最大 90psi / 6bar まで充填可能
・使い易いT字ハンドル
・T字ハンドルの構造が書いてますね。
・バルブに取り付けた後のロック&解除方法も簡単。
装着クランプを自転車フレームに簡単に取り付けられます。
ミニポンプ付けてても、ボトルケージもちゃんとつけられますよ。
次からは、ミニポンプ本体のおすすめポイントをご紹介します。

軽量&スリムでカバンに入れておける

トピーク Peak DX 2は、

おおよそ

・長さ25cm

・直径3cm

というスリムなスティック状の空気入れ

 

しかも、アルミ製なので

・155g

とかなり軽いのが魅力です。

 

RYO
ここまで小さくて軽いと、カバンに入れっぱなしでオッケーです。

商品名が誇らしげに主張されています。

 

ちなみに、

 

OPTIMIZED FOR MTB

(MTBに最適化された)

 

と書いていますが、クロスバイクでも使えました。

米式/仏式バルブ両方で使えるスマートヘッド

トピーク Peak DX 2は、1つの口で

・米式バルブ

・仏式バルブ

という二刀流使いができるスマートヘッド仕様。

 

普通の空気入れだと、基本的には仏式で、付属のアダプターを使わないと米式に対応できない、、、というものも多いですよね。

 

そんないちいち付け替えるストレスがないのがいいですね。

 

参考までに、仏式バルブに挿してみました。

 

 

ロックもロック解除もスムーズで楽ちんです。

ロック時

ロック解除

 

 

 

 

T型ハンドルで力が入れ易い!

トピーク Peak DX 2は、スティック状のミニポンプなのに、、、なぜかT字ハンドルになるんです。

 

これは、、、めっちゃ握りやすい。

かなり力が入るので、いい感じに空気が入っていきます。

 

普通のストレートタイプだと、力が入りにくくて使いにくいのが難点。

 

でも、このT字型ならしっかり握れて力が入り易くて押し引きし易いのが、このトピーク Peak DX 2の魅力。

 

1ストロークの空気量は51cc。
90psi、6barまで空気が入れられます。
T字ハンドルになる構造を簡単にご紹介します。

①通常時

②まずは持ち手をもって全体を伸ばす。

③なんと!持ち手だけ90度曲がります!

 

 

自転車フレームに取付できる!

 

トピーク Peak DX 2は、取付用のクランプが付属されているので、自転車につけっぱなしにすることもできます

 

いちいちカバンで持ち運ぶのが面倒くさい人にはいいですね。

 

個人的には、めったに使うものでもないし、ずっと自転車につけてたせいで雨などで劣化するのも嫌なので、ずっとカバンに入れっぱなしです。

 

 

そんなクランプへの取り付け方をご紹介。

 

①まず本体をクランプにはめる。

 

②マジックテープをクランプの穴に通す。

 

③マジックテープで止めて完了です!

 

 

RYO
こんな感じで簡単。これなら走行中に落ちないですね。

 

 

ダストキャップでホコリから守る

トピーク Peak DX 2は、バルブ穴にダストキャップがついています。
ホコリや砂が入らず、雨風から守って長く使えるおすすめの空気入れ。
特にずっと自転車に付けっぱなしだとこのキャップは必須ですね。

 

 

 

3色から選べる!

TOPEAK

 

トピーク Peak DX 2は、

・ブラック

・シルバー

・ホワイト

の3色展開。

 

実は今回、パンクのショックが大きかったこともあり、思い立ってすぐ買ってしまいまして、、、。

 

この3色展開を知らなかったんです。あとから気付いて若干後悔しています(笑)

 

RYO
クロスバイクの色にあわせてブラックが良かった、、、、!!(涙)

 

Peak DX Ⅱのデメリット

このトピーク Peak DX 2のデメリットというか、ミニポンプ全般のデメリットだと思いますが、、、、
ストレートより楽なT字ハンドルとはいっても、普通の空気入れに比べるとやっぱり大変です(笑)
まぁ、普段はパンクした時くらいしか使わないし、緊急時用として割り切ってるので、個人的にはそこまで気にしていません。

Peak DX Ⅱのスペック

・ サイズ:長さ250 幅59 高さ32mm
・ 重量:155g
特長
・ 米式と仏式に対応するスマートヘッド
・ 最大90psi / 6bar まで充填可能
・ 1ストロークの空気量 : 51cc
・ アルミ合金製サムロック機構
・ アルミ合金 シリンダー
・ 加圧しやすいT型ハンドル
・ フレーム装着用クランプ付属 (YPP06000)
・ ダストキャップ付

Peak DX Ⅱ の口コミ

私だけの主観だけだと説得力がないと思いますので、トピーク Peak DX 2の口コミをまとめてみました。
実はあまり口コミないんですが、1件だけ見つかりました!

室内で試しに使用。携帯用ポンプとしては十分な威力

・持ち手部分をスライドして持ちやすくしてくれているので、使用感もOK。

・寸法を見ていたにも関わらず、届いたときに思ったこと「デカいな。。。。」

・ひとまずボトルケージに重ねるようにブラケットを設置して、ポンプ装着するとやっぱり大きい。乗った時に引っかかる?と思いましたが問題なし。

 

 

トピークのポータブルポンプシリーズ一覧

トピーク Peak DX 2以外にも、サイズや機能などトピークの中でバリエーションがいろいろとあります。

もしよかったら参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【おすすめの自転車用品】トピークの携帯空気入れ・Peak DX 2を使ってみたレビューや口コミ。米仏式対応のT型ハンドルで力が入るポータブルポンプ。【TOPEAK】 | まとめ

トピーク Peak DX 2のおすすめポイントを写真も交えてしっかりレビューしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

私はホワイトを使用していますが、ホワイト、シルバー、ブラックとカラーバリエーションも豊富です。

 

 

気になるところをタップすれば、またピンポイントで戻って読めます。

     

     

    トピーク Peak DX 2は、

    • 外出先でさっと空気を入れたい人
    • コンパクトサイズの空気入れがほしい人
    • 空気入れを自転車につけっぱなしにしたい人

    にかなりおすすめします!

     

    RYO
    T字ハンドルのおかげで、力が入り易くてしっかり空気が入れられるミニポンプです!

     

     

    この記事がミニポンプを検討されている方のお役に立てれば幸いです。

     

     

     

    ↓↓このトピーク Peak DX 2をつけているクロスバイクのレビューも興味あればご覧ください↓↓

     

    ※私は国内最大級のスポーツ自転車専門店・ワイズロードSCOTT SUB CROSS J1を購入しました!

    スコットのクロスバイク SCOTT SUB CROSS J1のレビュー【ミニベロロード歴10年の30代男が語る】

    ワイズロードでは、キャノンデール、コルナゴ、ビアンキ、トレック、メリダなど国内随一のブランドが見れます。

     

     

     

    ※もっとリーズナブルなクロスバイク、ロードバイクを探している方は、自転車通販売上No.1のcyma(サイマ)がおすすめです。

    ブリジストン、ヤマハ、ルノー、ハマーなど、デザイン性が高いさまざまなブランドも取り揃えていますので興味があれば見てみてください。

     

     

    ↓↓その他の買って使ってよかったクロスバイク・自転車グッズ(用品)のレビューはこちら↓↓

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事