スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

RYO
こんにちは。RYO(@RYO_NR_NL)です!

 

あまりお伝えする機会がなかったのですが、実はスペシャルティコーヒーの豆をハンドドリップして飲むくらいコーヒー好きだったりします。

 

(コーヒー好きの中には、アイスコーヒーは邪道と言われる方もいらっしゃいますが)私は夏はアイス、冬はホットにして1年中コーヒーを楽しんでいます。

 

いつでもどこでもコーヒーを楽しむために、外出時のマイボトル(水筒)として使えるものを探していたところ、スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lに出会いました。

 

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

マイボトルにしては高い値段だよな、、、と思いながらも、デザインと機能性に一目惚れしてしまったため、

 

RYO
そんな買い替えるものでもないし、気に入ったものを買おう!

 

と勢いで購入。

 

外出の度に連れ出して愛用してきたこのマグボトルのレビューや1年半使ってみた感想をまとめました。

 

簡単にこのスタンレー マスター 真空マグ 0.53Lのおすすめポイントを挙げると、、、

  • 過去の常識を覆す高い保温保冷性能
  • スタイリッシュで洗練されたデザイン
  • 指やカラビナに引っ掛けて持ち運びし易い
  • 生涯保証

これを選んだ理由から、良いところやデメリットなどを写真も交えてしっかりお伝えしていきます。

 

 

そもそもスタンレー(STANLEY )って?

世代を超えて愛されてきた商品

スタンレーには100年を超える歴史があります。

1913年、ウィリアム・スタンレーJr.が真空断熱技術とスチールの頑強さを融合し、発明した一本のボトルは、これまでの「温かい飲み物の楽しみ方」を、一変しました。

今も世界中で愛されている、真空スチールボトルの原型です。

あれから一世紀。

スチール真空ボトルはスタンレーの象徴となり、日常生活に、作業場に、アウトドアに、必要不可欠なアイテムとなりました。

数えきれないほどの冒険に寄り添った、数えきれない思い出があります。

スタンレーは毎日のコーヒータイムやランチタイムを、豊かにしてきました。

時代を超えて愛されるものでありながら現代のニーズに合う商品の開発を続けることが、使命と考えています。

夜明けに飲むコーヒーから、1日の終わりに飲むスピリッツまで。

一杯であなたの一日をより豊かに彩りたいと、スタンレーは願っています。

 

 

引用:STANLEY ABOUT

 

RYO
ご存じだとは思いますが、
もし記事内で気になるリンク、ボタンや記事があったら、
『新しいタブで開く』
『別のウィンドウで開く』

で、とりあえず開けておくのがおすすめ。
 

この記事の後に読めるため、漏れなく効率的に情報をインプットできますよ。

 

 

 

もう一つのスタンレーの水筒の徹底レビューはこちら

 

タップできる目次

スポンサーリンク

スタンレーの水筒【マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。【STANLEY マスターシリーズ】

スタンレー マスターシリーズの特長

 

比類なき強さ

選び抜かれた最高級のものを求める、プロ中のプロの為に生まれたマスターシリーズ。
一世紀積み重ねたスタンレーのノウハウと、最先端の技術を駆使し、この上ない耐久性と保温性能を実現しました。

 

耐久性&保温性の強さ

・最新技術Quadvac(真空四層構造)により、業界の常識を覆す保温保冷性能を実現

・真空部分が他社製品より60%広い内部構造

・スチール加工された中栓。中身がプラスチックに触れず、匂いうつりしにくい

・保温保冷性能のある、18/8ステンレススチールコップ

・頑丈で滑りにくいシリコン加工のハンドル

 

『選び抜かれた最高級のものを求める、プロ中のプロの為に生まれたマスターシリーズ』

このワンフレーズに惹かれました。

 

が、これだけじゃこのマスターシリーズの魅力が伝わり切れてなくてもったいない、、、!ということで、この記事で私の主観を交えて補足していきます。

 

 

※参考

スタンレーの別ライン・マウンテンシリーズの真空スイッチバックのレビュー記事はこちら

 

 

スタンレー マスターシリーズのパッケージ

私、買った物のパッケージをとっておく癖がありまして、、、こういう時に役に立ちますね。

意外とスタンレー公式HPや楽天やアマゾンはもちろん、他のブログでもなかなかマスターシリーズのパッケージの紹介はされていません。参考までに是非ご覧ください。貴重な画像ですよ(笑)

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

いかに強いかを伝えるパッケージ。

 

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

品質表示には、材質や保温能力、保冷能力、取り扱い上のご注意なども書かれています。

 

 

【おすすめ ①】過去の常識を覆す、高い保温保冷性の水筒

スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lの保温性や保冷性の性能が一目でわかるグラフがパッケージの側面にあります。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

最新技術の『真空部分が他社製品より60%広い内部構造(真空四層構造)』によって、今までの常識を覆す保温保冷性能が実現。

私は、特に真冬と真夏にコーヒーを楽しむのに、この保温保冷性の恩恵をかなり受けてます。

それぞれのグラフを拡大してみます。

 

まずは保温性

【スタンレー マスター 真空マグ】を1年半使ってみた感想とレビュー

95度の熱い飲み物が、6時間で75度。12時間経っても60度以上で保温できます。

例えば、通勤前に朝6時に入れたホットコーヒーも、昼でもまだ75度、夜6時に家に帰ってきてもまだ60度であったかいままってことです。体が冷える冬の極寒の日にはかなり重宝しました。

 

次に保冷性

【スタンレー マスター 真空マグ】を1年半使ってみた感想とレビュー

4度の冷たい飲み物が、6時間で6度。16時間経っても10度以下で保冷できます。

例えば、通勤前に朝6時に入れたアイスコーヒーも、昼でもまだ6度、夜6時に家に帰ってきてもまだ10度以下で冷たいままってことです。近年の酷暑にはもう手放せませんね。

 

【スタンレー マスター 真空マグ】を1年半使ってみた感想とレビュー

氷だけを入れて使ったことはないですが、グラフを見る限り、おそらく2度以下の氷が36時間経っても、まだ2度くらいのままってことだと思います。

この高い保温保冷性は、休日に子供と公園で遊ぶ時、ショッピングの時、遊園地に行った時にもかなり役立っています。

例えば、家で淹れたコーヒーを入れて出かけて、外出中にそれがなくなったらお店で500mlペットボトルを買ってこのマグに入れ替えれば、外出中ずっと冷たい/温かいコーヒーが楽しめます。

最初に家で淹れたコーヒーを入れるので、一回分のペットボトル代が浮くのもメリットです。

 

【おすすめ ②】スタイリッシュで洗練されたフォルム

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

過去のスタンレーのシリーズを見てきたのですが、個人的なイメージとしては、いい意味で『レトロで無骨』なイメージでした。

しかし、このスタンレー マスター 真空マグ 0.53Lは、スタンレーらしい無骨さを残しながらも、直線的なラインで描いたスタイリッシュで洗練されたフォルムに仕上げたところに惹かれました。

持ちやすさとアイキャッチを両立した台形の取っ手の形や、オールブラックのアクセントとして飲み口やロゴにステンレスのシルバーをあしらうなど、シンプルな中にもこだわりを感じるディテールにも惚れました。

 

【おすすめ ③】マットブラックのテクスチャーと『STANLEY』のロゴが魅力

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

マスターシリーズの最高の保温保冷性はもちろんのこと、マットブラックのパウダーコーティングが最大の魅力です。

持った時の手になじむざらっとした質感、そしてさりげなく主張しているSTANLEYのレーザーロゴ、、、まさにマスターシリーズらしいディテール。

このパウダーコーティングのテクスチャーは、使い続けることで生まれる傷も良い味となりそうです。

 

【おすすめ ④】持ち運びと開閉しやすい蓋の取っ手

さっと指が通せて、握りやすさと開閉しやすさが考えられた台形の取っ手。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

ボトル径が太いので、手が小さい方はこの取っ手に指を入れて持った方が楽ですね。人挿し指と親指だけでも持てるので、あまり手に何かを持ってる感覚なく気軽に持ち運べます。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

取っ手上部にもさりげなくスタンレーのロゴが。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

 

【おすすめ ⑤】取っ手に紐やカラビナをつけると便利で楽ちん

スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lは紐をつけると実はかなり便利です。

その紐に手首に通してぶら下げると、指で持つ必要すらありません。全く力を入れずに持ち運びできます。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

あとは、取っ手に直接カラビナ(またはさっきの紐+カラビナ)をつけて、リュックのボトル入れに収納するのもおすすめです。カラビナでリュックのどこかにつなげれば、落下防止にもなります。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

【おすすめ ⑥】コーヒーや氷が入れやすい&洗いやすい、大きな飲み口の水筒

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lは、コーヒーを飲む時に広がる香りも存分に楽しめる大きな飲み口。

そしてコーヒーが入れ易く、氷が入れ易く、洗い易いのもいいですね。

残念ながら落として壊しちゃったんですが、STANLEYの前はSwellを使っていました。飲み口が小さすぎて氷が入れ難く、さらに中が洗い難かったんです。デザインは良かったんですけどね、、、、。

 

【おすすめ ⑦】シンプルな蓋の構造。全部でたった3パーツ。

巷には、ボタンを押すだけで開閉するタイプの水筒がありますよね。

片手で開けられて便利だよなーと思うのですが、私はネジ式(?)のシンプルな蓋を選びます。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

 

なぜなら、ボトルはしっかりしていても、開閉ボタンが壊れてしまったらその水筒自体がもう使えなくなるからです。

  • 蓋の構造がシンプルな方が、蓋が壊れる心配が少ないから長く使える
  • パーツが少ない分、洗い易くて清潔に保てる

と思っています。

 

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

蓋はパッキンのみのシンプルで潔い構造。

 

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

このスタンレーの真空マグは、ボトルを合わせても、たったの3パーツだけです。

 

【おすすめ ⑧】ゴムパッキンを失くしても追加購入できる

実は先日、家の中でパッキンを失くしてしまいまして、、、、

RYO
、、、まぁ、アマゾンか楽天にあるだろう。
と思って検索してみたら、他のシリーズ用のパッキンはあったのですが、このマスターシリーズのパッキンは意外とないことが判明、、、。
せっかくのマスターシリーズの水筒がもう使えなくなるのか、、、というのは残念過ぎるので、実店舗とインターネットでどこで買えるのかを公式サイトの会社にメールで問い合わせをしてみた回答がこちらです。

スタンレー製品のお問い合わせ頂き、誠に有難うございます。
お問い合わせ頂きました下記内容につきまして、回答させて頂きます。

パッキンご購入ではご不便をお掛け致しまして申し訳ございません。
スタンレー製品のパーツにつきましてWEBサイトでの販売は非常に少ないのが現状です。

実店舗ですと東急ハンズや有名アウトドアショップなどで取り寄せ販売しております。

WEB販売となるとヨドバシカメラではお探しのパッキンは販売しておりますのでご確認願います。
以上、ご確認のほど宜しくお願い申し上げます。

とのことで、早速探してみたところ見つかりました!ヨドバシカメラの購入ページはこちらです↓↓

RYO
買えるとこ見つかって良かった~!よし、ここで買おう!
と思ったら、失くしたはずのパッキンが後日、排水溝の中から出てきました!
とりあえず本当に失くした時のための情報が手に入れられてよかったです。
今は買わずに熱湯消毒して愛用しています(笑)

 

 

【おすすめ ⑨】スタンレーの水筒は『生涯保証』!

なんと、スタンレーの水筒は『生涯保証』してくれます。これはすごいことですね、、、。

 

生涯保証(LIFETIME WARRANTY)

スタンレーは、丈夫で機能性の高い商品を100年以上提供し続けています。
誠意をもって作り上げた商品を末永く愛用していただくために、正しくご使用いただいている商品の保温保冷力の低下などの不具合が起きた場合、同一商品と交換させていただきます。

RYO
他ブランドの1年保証とはワケが違います。

 

スタンレー マスター 真空マグボトルのスペック

スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lのスペック

  • 容量:0.53L
  • サイズ:高さ231×本体径77mm
  • 重量:500g
  • 材質:本体/ステンレス鋼、フタ/ステンレス鋼・ポリプロピレン、パッキン/シリコーン

 

 

スタンレー マスター 真空マグボトルの口コミ

私だけの主観だけだと説得力がないと思いますので、スタンレー マスター 真空マグボトルの口コミをまとめてみました。

黒くて重たいボディに冬は熱いコーヒー、夏は冷茶を入れて仕事の相棒に。退社する時間になっても中身は適温。凄く気に入ってます。

・私の場合はバッグに入れて携帯するので重量はあまり気になりません

・部品は本体と蓋とパッキンの3つだけ。帰宅したらさっさと食洗器で洗えば手入れも楽です。食洗器対応の水筒って案外少ない

デザイン、性能には満足しています。ただやはり重い。私は、重いなと、思いつつも愛用しています(笑)

・以前よりSTANLEYの商品が好きで、2017年モデルも試しに購入。表面の質感は適度にザラつきがあり滑らない。

・メーカーロゴもシールから彫りになって剥離もなし。

フタにはカラビナを付けて吊り下げられるのも使い勝手良し。

重いですが前モデルより保温性は高いサーモスより所有欲は満たされます

・1つ問題は、合う寸法のケースがないです。BUILTあたりであれば良いのですが(笑)

寒い時期の暖かい飲み物を求めて自販機からこのスタンレーマイボトルにチェンジ。 

保温力最高!6時間位は熱々で飲めます。9時間で暖かい、12時間でちょっとぬるいって感じ。

冷たい方もしっかり温度キープしてくれる。

スタンレー マスターシリーズは、若干重いのがデメリット?

約500mlの同容量の水筒で比べると、スタンレーは若干重い部類に入ると思います。

このデザインや質感、高い保温性保冷性、長く使える耐久性を考慮すると、どうしても重くなるんだと思います。何事もトレードオフですね。

先程ご紹介した指で持ったり、紐に手首を通したり、リュックに入れたりしてるので、個人的にはそんなに気になってはいません。

ただ、『このデザインと質感のスタンレーのマスターシリーズのマイボトルを使っているんだ!』という(自己満足的な)優越感に浸れるのは間違いありません。

 

スタンレー マスターシリーズは、大小5つの豊富なサイズ展開

スタンレーのマスターシリーズには、紹介したサイズの他にも、用途に合わせて大小いろいろなバリエーションがあります。どれもカッコいいです。

 

■0.53L(この記事の水筒)

 

■0.65L

 

■0.75L

 

■1.3L

created by Rinker
¥12,100 (2020/10/23 17:11:19時点 楽天市場調べ-詳細)

 

■フラスコ 0.23L

created by Rinker
¥6,050 (2020/10/24 02:12:03時点 楽天市場調べ-詳細)

スタンレーの水筒【マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。【STANLEY マスターシリーズ】 | まとめ

スタンレーの水筒【STANLEY マスター 真空マグボトル】のレビュー。コーヒー好きにおすすめ。

スタンレー マスター 真空マグ 0.53Lを選んだ理由や良いところ、そしてデメリットなどまで、使ってみないとわからないところまで、写真も交えてレビューしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

良いところやデメリットはこんな感じでした!

もう一度見たい項目があったら、下のリンクをタップすれば戻って読めます。

 

 

 

RYO
コレを使ってる自分ってカッコイイかも??みたいな気分になります(笑)

 

マイボトル(水筒)を検討している方のお役に立てればうれしいです。

 

 

 

↓↓ スタンレーの別ライン・マウンテンシリーズの真空スイッチバックのレビュー記事はこちら ↓↓

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事